堀越高等学校 堀越高等学校パソコン用ページ 堀越高校モバイル トップページ
2017年02月17日

平成28年度 第68回卒業式を行いました

17日(金)、中野サンプラザで平成28年度 第68回卒業式を行いました。
開式の辞、国歌斉唱、校歌斉唱の後、クラス担当教諭が卒業生一人ひとりの名前を読み上げました。そして、472名の代表として総代吉成雄貴君が伊藤校長から卒業証書を授与されました。さらに堀越賞9名、3年間皆勤賞147名、3年間精勤賞97名、生徒育友会功労賞30名、特別功労賞4部・24名、 敢闘賞4部・18名、その他外部から頂いた東京都知事賞など各賞の授与が行われました。堀越高等学校では、学園生活の様々な場面で特に努力・活躍した生徒を卒業式で表彰します。また、皆勤賞・精勤賞は生徒だけでなく、本校の教育方針を理解して生徒を支えくださった保護者の皆様にも感謝の意を込めて賞状を授与しています。
続いて伊藤校長から「卒業生の皆さん、そして保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。卒業生の皆さんは、3年間で少年少女の顔から男性らしく、女性らしく成長して、大人の顔になりました。明日が予想できない時代ですが、予想できないことを不安に感じるのではなく、楽しんでください。欠けたものを正し、形成する人となってください。多くの本を読み、理性を兼ね備えて歩み続けてほしいと願います。加速化する事柄に瞬間の感性で対応できる人となり、社会で活躍してください。そして3つの勇気をもって将来に臨んでください。失敗や困難にくじけずに自分の道を開拓する“挑戦する勇気”、広い視野で正しく生きる道を見定める“止まる勇気”、世界の人々と力を合わせて共に生きるために社会のルールやマナーを守る“守る勇気”。これからの人生の中、何かにぶち当たったとき、3つの勇気を思い出して生きていってほしいと思います。最後に、私の一番好きな句を餞の言葉として送ります。【夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。】(吉田松陰)」と祝辞が贈られました。
続いてご来賓の皆様、在校生からのお祝いの言葉を受けて、卒業生代表の池上あかねさんが登壇。高校生活の思い出を振り返り、先生方や保護者への感謝の気持ちを込めてお礼の言葉を伝えました。
卒業式の第2部は吹奏楽部による卒業記念コンサート、卒業生も演奏に参加しました。“旅立ちの日に”は、演奏に合わせて会場の全員で合唱しました。
第3部は最終ホームルーム。いよいよ別れの時です。担任の先生から生徒一人ひとりに卒業証書が手渡され、先生から最後のお話が始まると涙をこらえるのに精一杯。お別れの時間はあっという間に過ぎていきました。会場の外では在校生が作る花道が用意されていました。卒業生たちは胸を張って花道を進み、夢に向かって旅立っていきました。
“本当の努力とは、もう駄目だと思った瞬間から始まる”(学年主任:山本敏文)

堀越高等学校 入試情報学校説明会日程 堀越ムービー一覧 交通アクセス 堀越高等学校パソコン用サイト