クラブブログ
堀越高等学校100周年
部活動
2022/09/14
支部新人戦

陸上競技部

9月3・4日に支部の新人戦が行われ、9月23~25日に行われる都大会進出を目指して試合に挑みました。

結果は、優勝4種目、入賞9名、都大会進出9種目(延べ18名)

大きな故障がなく夏季練習を積み重ねてきた部員は成果が表れ、順当に支部予選を通過しました。

都大会進出種目は以下の通りです。

男子100m 黒坂(2位)

男子200m 黒坂(1位)

男子400m 石田(5位)、野口(6位)

男子800m 野口(3位)

男子4×100mR 石田、黒坂、志村、篠原、清水、吉田(5位)

男子走幅跳 吉田(1位)、志村(2位)、篠原(6位)

男子走高跳 千葉(1位)

男子三段跳 吉田(3位)

男子円盤投 古家(1位)、豊田(2位)

都大会では関東大会出場を目指してがんばります!

2022/09/04
大会入賞者

陸上競技部

インターハイ予選が終わってからの大会で入賞した部員を紹介します。この他にも大半の部員が自己ベストを更新中です。これから新人戦が始まりますので、随時アップしていきます。

堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの受験生は、ぜひセレクションに参加してみてください。詳細は前回の投稿をご参照ください。みなさんの参加をお待ちしています。

【5月29日 世田谷区競技会】

男子100m 黒坂(1位)、鶴丸(4位)、塚田(8位)

男子200m 石田(5位)

男子400m 古家(1位)

男子走幅跳 塚田(1位)、志村(2位)、吉田(3位)、平井(5位)、大城(7位)

女子走幅跳 濱中(2位)

男子走高跳 千葉(1位)

男子砲丸投げ 豊田(4位)

男子4×100mR 大城、塚田、鶴丸、清水碧(1位)、黒坂、志村、石田、古家(2位)

男子4×400mR 石田、野口、古家、石井(1位)

【6月24・25日 学年別大会】

男子100m 1年 志村(6位)、2年 黒坂(3位)、3年 鶴丸(3位)

男子400m 2年 石田(3位)

男子走幅跳 1年 志村(1位)、共通 吉田(2位)、平井(4位)

女子走幅跳 1年 濱中(5位)

男子走高跳 共通 千葉(1位)

男子砲丸投 1年 豊田(5位)

男子円盤投 共通 豊田(1位)

男子4×400mR 共通 石井、野口、石田、首藤(6位)

【7月9・10日 東京都選抜大会】

男子走幅跳 塚田(8位)

男子走高跳 千葉(7位)

【7月9・10日  東京都1年生大会】

男子走幅跳 志村(6位)

【8月24~26日 東京都私学大会】

男子100m 黒坂(7位)

男子走高跳 千葉(7位)

男子走幅跳 志村(7位)

男子円盤投 古家(4位)、豊田(7位)

東京都私学大会入賞者
2022/09/02
陸上競技部セレクションのお知らせ

陸上競技部

本校の陸上競技部は体育コース生のみが入部でき、体育コースの受験希望者はセレクションを受ける必要があります。

セレクションの合格が堀越高校陸上競技部の入部条件となりますので、中学校3年生で本校体育コースの受験ならびに陸上競技部への入部をご検討中の受験生は、ぜひ一度セレクションを受けてみてください。

 

なお、このセレクションにおきましては、本校の入学を判定するものではございません。入学の合否判定につきましては、入学試験によって行われます。 

セレクション参加希望者は、以下の書類をダウンロードしていただき、必要事項を入力した「セレクション記入用紙」をshokawa@horikoshigakuen.ed.jp宛にメールで添付して申し込みをしてください。メールが届きましたら確認の為に、顧問の正川からセレクション記入用紙に記入されました番号に連絡いたします。

また、「参加同意書」は参加当日にご提出ください。

なお、セレクション当日は受験生だけではなく、学校を知っていただく為にも保護者の方にも来ていただきますようお願いいたします。

【日程】※11月以降の日程は後日掲載します 

9月10(土)・11(日)・19(月) 

10月9(日)・10(月)・30(日) 

9:30〜11:30予定

【会場】 

堀越学園八王子総合体育施設・学習センター 陸上競技場(全天候型トラック・400mブルータータン) 

アクセス:高尾駅南口3番バス乗り場から舘ヶ丘団地行きに乗車。穎明館高校前下車後に陸橋を渡り、見えてくる大きな橋を渡ってください。橋を渡りましたら本校の生徒が待機しておりますので、受付までご案内いたします。

みなさんの参加をお待ちしています。 

セレクション記入用紙(エクセル)

セレクション記入用紙(PDF)

参加同意書(PDF)

2022/05/08
インターハイ支部予選

陸上競技部

4/23,24にインターハイにつながる支部予選が行われました。

各種目3名まで(リレーは1チーム)出場することができる今大会は、本校から次の種目に出場しました。

100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、砲丸投

その中で8位までに入賞し、都大会に出場することができたのは、

100m(2名)、200m(1名)、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳(1名、優勝)、走幅跳(2名)、三段跳(2名)、円盤投(1名)、砲丸投(1名)でした。

個人種目入賞者 右から鶴丸(100m 、
3年)、黒坂(100m、200m、2年)、吉田(走幅跳、2年)、塚田(走幅跳、3年)
個人種目入賞者 右から豊田(円盤投、砲丸投、1年)、大城(三段跳、3年)、山本(三段跳、3年)、千葉(走高跳、2年)
4×100mリレー 右から1走 大城(3年)、2走 鶴丸(3年)、3走 黒坂(2年)、4走 塚田(3年)
4×400mリレー 右から1走 古家(2年)、2走 鶴丸(3年)、3走 石井(1年)、4走 塚田(3年)

昨年度に支部予選で敗退している4×400mリレーでは、今季から400mに転向した古家(2年)と意欲に溢れた石井(1年)が出場しました。そして、都大会に駒を進めるため、走幅跳で都大会進出を決めたキャプテンの塚田と、100mで11″02をマークし自己ベストを更新して同じく都大会進出を決めた3年生の鶴丸を起用しました。その甲斐あって昨年のリベンジを果たすことができました。

2022/04/03
第4支部春季競技会

陸上競技部

4/2(土)、3(日)に砧公園近くの大蔵総合運動場陸上競技場にて、第4支部春季競技会が行われ、陸上競技部の令和4年度シーズンが開幕しました。

この記録会は新入生にとってはデビュー戦、2・3年生にとっては冬季練習の成果を出す試合でした。

本校から出場した種目は100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、走幅跳、三段跳、やり投、砲丸投、円盤投でした。

100mでは、追い風参考ながら10秒99、11秒01、11秒08を記録した3名の選手を筆頭に、全員が自己ベストを記録し、冬季練習の成果が表れました。

その他の種目でもこれからの記録に期待が持てるパフォーマンスが多く見られました。

次の試合は4/23(土)、24(日)に行われるインターハイ予選です。

部員一同、各自の課題を一つひとつクリアすべく、一層気合を入れて練習していきます。

TOP
堀越高校100周年
クラブブログ
2022/09/14
支部新人戦: 陸上競技部

9月3・4日に支部の新人戦が行われ、9月23~25日に行われる都大会進出を目指して試合に挑みました。

結果は、優勝4種目、入賞9名、都大会進出9種目(延べ18名)

大きな故障がなく夏季練習を積み重ねてきた部員は成果が表れ、順当に支部予選を通過しました。

都大会進出種目は以下の通りです。

男子100m 黒坂(2位)

男子200m 黒坂(1位)

男子400m 石田(5位)、野口(6位)

男子800m 野口(3位)

男子4×100mR 石田、黒坂、志村、篠原、清水、吉田(5位)

男子走幅跳 吉田(1位)、志村(2位)、篠原(6位)

男子走高跳 千葉(1位)

男子三段跳 吉田(3位)

男子円盤投 古家(1位)、豊田(2位)

都大会では関東大会出場を目指してがんばります!

2022/09/04
大会入賞者: 陸上競技部

インターハイ予選が終わってからの大会で入賞した部員を紹介します。この他にも大半の部員が自己ベストを更新中です。これから新人戦が始まりますので、随時アップしていきます。

堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの受験生は、ぜひセレクションに参加してみてください。詳細は前回の投稿をご参照ください。みなさんの参加をお待ちしています。

【5月29日 世田谷区競技会】

男子100m 黒坂(1位)、鶴丸(4位)、塚田(8位)

男子200m 石田(5位)

男子400m 古家(1位)

男子走幅跳 塚田(1位)、志村(2位)、吉田(3位)、平井(5位)、大城(7位)

女子走幅跳 濱中(2位)

男子走高跳 千葉(1位)

男子砲丸投げ 豊田(4位)

男子4×100mR 大城、塚田、鶴丸、清水碧(1位)、黒坂、志村、石田、古家(2位)

男子4×400mR 石田、野口、古家、石井(1位)

【6月24・25日 学年別大会】

男子100m 1年 志村(6位)、2年 黒坂(3位)、3年 鶴丸(3位)

男子400m 2年 石田(3位)

男子走幅跳 1年 志村(1位)、共通 吉田(2位)、平井(4位)

女子走幅跳 1年 濱中(5位)

男子走高跳 共通 千葉(1位)

男子砲丸投 1年 豊田(5位)

男子円盤投 共通 豊田(1位)

男子4×400mR 共通 石井、野口、石田、首藤(6位)

【7月9・10日 東京都選抜大会】

男子走幅跳 塚田(8位)

男子走高跳 千葉(7位)

【7月9・10日  東京都1年生大会】

男子走幅跳 志村(6位)

【8月24~26日 東京都私学大会】

男子100m 黒坂(7位)

男子走高跳 千葉(7位)

男子走幅跳 志村(7位)

男子円盤投 古家(4位)、豊田(7位)

東京都私学大会入賞者
2022/09/02
陸上競技部セレクションのお知らせ: 陸上競技部

本校の陸上競技部は体育コース生のみが入部でき、体育コースの受験希望者はセレクションを受ける必要があります。

セレクションの合格が堀越高校陸上競技部の入部条件となりますので、中学校3年生で本校体育コースの受験ならびに陸上競技部への入部をご検討中の受験生は、ぜひ一度セレクションを受けてみてください。

 

なお、このセレクションにおきましては、本校の入学を判定するものではございません。入学の合否判定につきましては、入学試験によって行われます。 

セレクション参加希望者は、以下の書類をダウンロードしていただき、必要事項を入力した「セレクション記入用紙」をshokawa@horikoshigakuen.ed.jp宛にメールで添付して申し込みをしてください。メールが届きましたら確認の為に、顧問の正川からセレクション記入用紙に記入されました番号に連絡いたします。

また、「参加同意書」は参加当日にご提出ください。

なお、セレクション当日は受験生だけではなく、学校を知っていただく為にも保護者の方にも来ていただきますようお願いいたします。

【日程】※11月以降の日程は後日掲載します 

9月10(土)・11(日)・19(月) 

10月9(日)・10(月)・30(日) 

9:30〜11:30予定

【会場】 

堀越学園八王子総合体育施設・学習センター 陸上競技場(全天候型トラック・400mブルータータン) 

アクセス:高尾駅南口3番バス乗り場から舘ヶ丘団地行きに乗車。穎明館高校前下車後に陸橋を渡り、見えてくる大きな橋を渡ってください。橋を渡りましたら本校の生徒が待機しておりますので、受付までご案内いたします。

みなさんの参加をお待ちしています。 

セレクション記入用紙(エクセル)

セレクション記入用紙(PDF)

参加同意書(PDF)

2022/05/08
インターハイ支部予選: 陸上競技部

4/23,24にインターハイにつながる支部予選が行われました。

各種目3名まで(リレーは1チーム)出場することができる今大会は、本校から次の種目に出場しました。

100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、砲丸投

その中で8位までに入賞し、都大会に出場することができたのは、

100m(2名)、200m(1名)、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳(1名、優勝)、走幅跳(2名)、三段跳(2名)、円盤投(1名)、砲丸投(1名)でした。

個人種目入賞者 右から鶴丸(100m 、
3年)、黒坂(100m、200m、2年)、吉田(走幅跳、2年)、塚田(走幅跳、3年)
個人種目入賞者 右から豊田(円盤投、砲丸投、1年)、大城(三段跳、3年)、山本(三段跳、3年)、千葉(走高跳、2年)
4×100mリレー 右から1走 大城(3年)、2走 鶴丸(3年)、3走 黒坂(2年)、4走 塚田(3年)
4×400mリレー 右から1走 古家(2年)、2走 鶴丸(3年)、3走 石井(1年)、4走 塚田(3年)

昨年度に支部予選で敗退している4×400mリレーでは、今季から400mに転向した古家(2年)と意欲に溢れた石井(1年)が出場しました。そして、都大会に駒を進めるため、走幅跳で都大会進出を決めたキャプテンの塚田と、100mで11″02をマークし自己ベストを更新して同じく都大会進出を決めた3年生の鶴丸を起用しました。その甲斐あって昨年のリベンジを果たすことができました。

2022/04/03
第4支部春季競技会: 陸上競技部

4/2(土)、3(日)に砧公園近くの大蔵総合運動場陸上競技場にて、第4支部春季競技会が行われ、陸上競技部の令和4年度シーズンが開幕しました。

この記録会は新入生にとってはデビュー戦、2・3年生にとっては冬季練習の成果を出す試合でした。

本校から出場した種目は100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、走幅跳、三段跳、やり投、砲丸投、円盤投でした。

100mでは、追い風参考ながら10秒99、11秒01、11秒08を記録した3名の選手を筆頭に、全員が自己ベストを記録し、冬季練習の成果が表れました。

その他の種目でもこれからの記録に期待が持てるパフォーマンスが多く見られました。

次の試合は4/23(土)、24(日)に行われるインターハイ予選です。

部員一同、各自の課題を一つひとつクリアすべく、一層気合を入れて練習していきます。

TOP
category-info3