クラブブログ
堀越高等学校100周年
部活動一覧
2022年5月8日
インターハイ支部予選

陸上競技部

4/23,24にインターハイにつながる支部予選が行われました。

各種目3名まで(リレーは1チーム)出場することができる今大会は、本校から次の種目に出場しました。

100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、砲丸投

その中で8位までに入賞し、都大会に出場することができたのは、

100m(2名)、200m(1名)、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳(1名、優勝)、走幅跳(2名)、三段跳(2名)、円盤投(1名)、砲丸投(1名)でした。

個人種目入賞者 右から鶴丸(100m 、
3年)、黒坂(100m、200m、2年)、吉田(走幅跳、2年)、塚田(走幅跳、3年)
個人種目入賞者 右から豊田(円盤投、砲丸投、1年)、大城(三段跳、3年)、山本(三段跳、3年)、千葉(走高跳、2年)
4×100mリレー 右から1走 大城(3年)、2走 鶴丸(3年)、3走 黒坂(2年)、4走 塚田(3年)
4×400mリレー 右から1走 古家(2年)、2走 鶴丸(3年)、3走 石井(1年)、4走 塚田(3年)

昨年度に支部予選で敗退している4×400mリレーでは、今季から400mに転向した古家(2年)と意欲に溢れた石井(1年)が出場しました。そして、都大会に駒を進めるため、走幅跳で都大会進出を決めたキャプテンの塚田と、100mで11″02をマークし自己ベストを更新して同じく都大会進出を決めた3年生の鶴丸を起用しました。その甲斐あって昨年のリベンジを果たすことができました。

2022年4月3日
第4支部春季競技会

陸上競技部

4/2(土)、3(日)に砧公園近くの大蔵総合運動場陸上競技場にて、第4支部春季競技会が行われ、陸上競技部の令和4年度シーズンが開幕しました。

この記録会は新入生にとってはデビュー戦、2・3年生にとっては冬季練習の成果を出す試合でした。

本校から出場した種目は100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、走幅跳、三段跳、やり投、砲丸投、円盤投でした。

100mでは、追い風参考ながら10秒99、11秒01、11秒08を記録した3名の選手を筆頭に、全員が自己ベストを記録し、冬季練習の成果が表れました。

その他の種目でもこれからの記録に期待が持てるパフォーマンスが多く見られました。

次の試合は4/23(土)、24(日)に行われるインターハイ予選です。

部員一同、各自の課題を一つひとつクリアすべく、一層気合を入れて練習していきます。

2021年12月25日
陸上競技部 冬季強化練習④

陸上競技部

強化練習の最後はエンドレスリレー150m×(5本+3本)です。

前日の夜から雨が降っていましたが、朝に止み、ちょうど走りやすいコンディションでした。

2チームに分かれて競いながら心も身体も鍛えるべく、走り切りました。終わった後はへとへとになりながらも全行程をやり切った達成感のある表情が見られました。

今年の冬季強化練習はこれで終了です。

来シーズンに向けて、残りの冬季練習も部員一同、目標を持って取り組んでいきます。

2021年12月25日
陸上競技部 冬季強化練習③

陸上競技部

ウォーキング、体操で身体を起こしてから、短い距離の流しです。50m×2本+100m×2本。

その後は変形ダッシュ20m×8本です。

うつ伏せや仰向けなど、いろいろな姿勢からスタートします。

そして200m×4本×3セット+300mを走りました。

最後にミニハードルを使って足の運びを再確認し、メニュー終了です。

2021年12月24日
陸上競技部 冬季強化練習②

陸上競技部

まずウォーキング、体操のあとに縄跳びで身体を起こします。

その後、ブロックに分かれて練習です。

ブロックは短距離、跳躍、投擲の3つです。

短距離ブロックは引っ張り走×10本

跳躍は150mバウンディング×5本+上り坂バウンディング×3本

投擲は600mやり投げウォーキング

その後、全ブロック合同で指示出しダッシュ1分×3本。

指示出しダッシュは、ランダムに指示される8方向にダッシュする、耐乳酸の瞬発力トレーニングです。

休憩を挟んで50m×3+100m×3+150m×3流し走

そして重りの乗ったソリを引く100m×7本ダッシュ

同じく重りの乗ったソリを引いて今度はジグザグ走

負荷が強くかかる練習でしたが、声を掛け合いながら走り切りました。

その後は補強(腹筋300回)をして終了です。

TOP
堀越高校100周年
クラブブログ
2022年5月8日
インターハイ支部予選: 陸上競技部

4/23,24にインターハイにつながる支部予選が行われました。

各種目3名まで(リレーは1チーム)出場することができる今大会は、本校から次の種目に出場しました。

100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、砲丸投

その中で8位までに入賞し、都大会に出場することができたのは、

100m(2名)、200m(1名)、4×100mリレー、4×400mリレー、走高跳(1名、優勝)、走幅跳(2名)、三段跳(2名)、円盤投(1名)、砲丸投(1名)でした。

個人種目入賞者 右から鶴丸(100m 、
3年)、黒坂(100m、200m、2年)、吉田(走幅跳、2年)、塚田(走幅跳、3年)
個人種目入賞者 右から豊田(円盤投、砲丸投、1年)、大城(三段跳、3年)、山本(三段跳、3年)、千葉(走高跳、2年)
4×100mリレー 右から1走 大城(3年)、2走 鶴丸(3年)、3走 黒坂(2年)、4走 塚田(3年)
4×400mリレー 右から1走 古家(2年)、2走 鶴丸(3年)、3走 石井(1年)、4走 塚田(3年)

昨年度に支部予選で敗退している4×400mリレーでは、今季から400mに転向した古家(2年)と意欲に溢れた石井(1年)が出場しました。そして、都大会に駒を進めるため、走幅跳で都大会進出を決めたキャプテンの塚田と、100mで11″02をマークし自己ベストを更新して同じく都大会進出を決めた3年生の鶴丸を起用しました。その甲斐あって昨年のリベンジを果たすことができました。

2022年4月3日
第4支部春季競技会: 陸上競技部

4/2(土)、3(日)に砧公園近くの大蔵総合運動場陸上競技場にて、第4支部春季競技会が行われ、陸上競技部の令和4年度シーズンが開幕しました。

この記録会は新入生にとってはデビュー戦、2・3年生にとっては冬季練習の成果を出す試合でした。

本校から出場した種目は100m、200m、400m、800m、1500m、4×100mリレー、走幅跳、三段跳、やり投、砲丸投、円盤投でした。

100mでは、追い風参考ながら10秒99、11秒01、11秒08を記録した3名の選手を筆頭に、全員が自己ベストを記録し、冬季練習の成果が表れました。

その他の種目でもこれからの記録に期待が持てるパフォーマンスが多く見られました。

次の試合は4/23(土)、24(日)に行われるインターハイ予選です。

部員一同、各自の課題を一つひとつクリアすべく、一層気合を入れて練習していきます。

2021年12月25日
陸上競技部 冬季強化練習④: 陸上競技部

強化練習の最後はエンドレスリレー150m×(5本+3本)です。

前日の夜から雨が降っていましたが、朝に止み、ちょうど走りやすいコンディションでした。

2チームに分かれて競いながら心も身体も鍛えるべく、走り切りました。終わった後はへとへとになりながらも全行程をやり切った達成感のある表情が見られました。

今年の冬季強化練習はこれで終了です。

来シーズンに向けて、残りの冬季練習も部員一同、目標を持って取り組んでいきます。

2021年12月25日
陸上競技部 冬季強化練習③: 陸上競技部

ウォーキング、体操で身体を起こしてから、短い距離の流しです。50m×2本+100m×2本。

その後は変形ダッシュ20m×8本です。

うつ伏せや仰向けなど、いろいろな姿勢からスタートします。

そして200m×4本×3セット+300mを走りました。

最後にミニハードルを使って足の運びを再確認し、メニュー終了です。

2021年12月24日
陸上競技部 冬季強化練習②: 陸上競技部

まずウォーキング、体操のあとに縄跳びで身体を起こします。

その後、ブロックに分かれて練習です。

ブロックは短距離、跳躍、投擲の3つです。

短距離ブロックは引っ張り走×10本

跳躍は150mバウンディング×5本+上り坂バウンディング×3本

投擲は600mやり投げウォーキング

その後、全ブロック合同で指示出しダッシュ1分×3本。

指示出しダッシュは、ランダムに指示される8方向にダッシュする、耐乳酸の瞬発力トレーニングです。

休憩を挟んで50m×3+100m×3+150m×3流し走

そして重りの乗ったソリを引く100m×7本ダッシュ

同じく重りの乗ったソリを引いて今度はジグザグ走

負荷が強くかかる練習でしたが、声を掛け合いながら走り切りました。

その後は補強(腹筋300回)をして終了です。

TOP
category-info3