堀越高等学校
k

【部活動記録】

高円宮U18サッカーリーグ東京 T1リーグ第3節

2024年05月06日

大会名:高円宮U18サッカーリーグ東京 T1リーグ第3節
日  時:5月6日(月) 
会  場:実践学園高尾Gr

堀越 0―2 実践学園

大型連休最終日の5月6日17:00k.oでT1リーグ第3節を戦った。序盤の入りはお互いにプレッシャーを掛け合って激しい攻防が繰り広げられた。堀越が徐々にセカンドボールを拾いシュートまで持っていくシーンが増えて前半を終える。後半もやや堀越ペースでゲームが進む展開だったが中々ゴールが奪えない中84分、相手のクロスに対応しようとしたD Fの足に当たりコースが変わり、ゴール中央付近でフリーになった選手に押し込まれて先制を許す。システムを変えて前に出た3分後カウンターから失点、万事休す。痛い連敗となった。

本当の余裕を持つには、常に万全な準備と想定外のアクシデントをどれだけなくせるかが大切である。一人ひとりのベクトル(矢印)が別々な方向を向きだし、バラバラな感じがここ数試合出てしまっている。勝ちパターンへどうやったら持っていくことができるか、チーム全員で向き合っていく必要性があるように思う。

東京都高等学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会都予選会

2024年05月03日

大会名:東京都高等学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会都予選会
日 時:5月3日(金)、4日(土)、5日(日)
会 場:立川高校、武蔵の森総合スポーツプラザ、SUBARU総合スポーツセンター

女子ダブルス

黒川綾音(3A1)・劉 慧(3A5)

1回戦 恵泉女学園高校 0-2

女子シングルス

吉田さくら(2A4)

1回戦 多摩大学聖ヶ丘 0-2

男子シングルス

藤野直哉(2A7)

1回戦 青梅総合高校 2-0

2回戦 明治学院東村山 0-2

早田 結(2A8)

1回戦 大成高校 0-2

男子ダブルス

上原隼人(3A2)・野田 耕太郎(3A3)

1回戦 都立杉並高校 0-2

塚本健斗(2A5)・諏訪駿斗(2A6)

1回戦 府中東高校 1-2

 今大会では、試合に対して十分な準備もできたことでそれぞれが最大限の力を発揮することができました。また、点差が開いている場面でも折れることなく攻めることで1ゲームを取り返すなど、プレッシャーに打ち勝とうとする姿もありました。しかし、1回戦から2回戦までの時間があいたことで集中状態を持続することができていない様子から、精神面のコントロールが課題として挙げられます。また、試合が長時間にわたるとフットワークが乱れるなど、体力面で課題が表れた試合でもありました。3年生の引退も近づいているのでそれぞれが自身の役割を自覚して成長してほしいと思います。

令和6年度関東高校サッカー大会 東京都予選 準決勝 

2024年04月29日

  大会名:令和6年度関東高校サッカー大会 東京都予選 準決勝
日  時:4月29日(月)
会  場:駒沢第二球技場

堀越 0-1 日大豊山高校

勝てば関東大会の本戦に進める代表決定戦を日大豊山と戦った。序盤から主導権を握ってゴール前に迫るも中々チャンスを決めきれない堀越、一方G Kを中心にしっかりとした守備から鋭いカウンターを仕掛ける日大豊山。40分アディショナルタイムのラストプレイで日大豊山に先制を許す。

ハーフタイムで、修正を試みるもお互いに中一日のゲームで徐々に足が止まり出し、決定的なチャンスを作ることができない。その後、交代で入った三鴨奏太(2C3)が決定機を作るものの得点が奪えない。刻々と時間が過ぎていく中、D Fの森奏(3C2)を前線に送りパワープレイを試みるも、得点が奪えずタイムアップ。悔しい敗戦となった。

令和6年度関東高校サッカー大会 東京都予選 準々決勝 

2024年04月27日

大会名:令和6年度関東高校サッカー大会
東京都予選 準々決勝
日  時:4月27日(土)
会  場:東久留米総合高校

堀越 2-1 東久留米総合高校

関東大会都予選準々決勝を東久留米総合高校と戦った。相手のホームで独特な雰囲気の中、試合が始まった。前半、G K佐藤晴翔(3C2)のロングフィードから相手D Fラインの背後にランニングした岩﨑晄芽(3C2)が左足を振り抜いて先制。その後、不用意な堀越のD Fラインの連携ミスを突かれて1-1の振り出しに戻り前半を終える。後半も一進一退のゲーム展開が繰り広げられたが、65分谷口昊成(2C2)のミドルシュートを相手G Kが弾いた所を途中出場の森章博(3C2)が詰めて2-1と突き離し、準決勝に駒を進めた。

春季大会マスタリートーナメント2回戦

2024年04月21日

大会名:春季大会マスタリートーナメント2回戦
日  時:4月21日(日)  
会  場:佼成学園総合Gr.

 初戦の勢いをそのままに勝利へと繋げたい2回戦でしたが、悔しい試合結果になってしまいました。試合の入り方は良く、落ち着いていました。特にDL立花(2A7)がハードタックルを連発した良い試合の流れをBRUINSが保てるかと思いきや、なかなか追加点を奪えずオフェンス陣に焦りが出てしまいました。後半は相手に逆転を許すと自分達らしいフットボールができずに大きなミスを犯してしまい敗戦となりました。

秋大会へ向けて新しい戦力の1年生を迎え、これからまた頑張ります。

今後も引き続き応援をよろしくお願いします。

category