堀越高等学校100周年
部活動記録
部活動
2022/05/21

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

日  時:5月21日(土)

会  場:東京武道館

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の第三支部予選会が5月14日(土)、15日(日)に開催されました。団体戦は初戦から優勝候補である第1シード校と対戦しました。結果的には敗退しましたが、想像以上に粘り強く戦うことができて練習の成果が確実に身に付いていることを実感しました。代表決定戦では、中堅の二上良成(2A7)が圧倒的な組手からの大内刈りでポイントを取り、団体戦で唯一勝ち星をあげました。

 翌日15日(日)の個人戦では、東京都大会進出を目標に3名の選手が出場しました。66キロ級に出場した田中駿埜(1A7)・二上良成(2A7)の2名は、本来の力を発揮することができず1回戦敗退となりました。60キロ級に出場した小玉泰己(3A7)は1回戦不戦勝。2回戦を勝てば東京都大会進出という大切な一戦でしたが、実力及ばず敗退しました。しかし、代表決定戦では3年間磨いてきた背負い投げがさく裂して見事勝利、東京都大会進出を勝ち取りました。

 5月21日(土)に開催された全国高等学校総合体育大会(インターハイ)東京都予選会には、60キロ級の小玉泰己(3A7)が出場しました。1回戦の相手は3年生ということもあり、お互いの実力が拮抗した大接戦となりました。試合後半、新たに練習して身に付けた左の一本背負いでポイントを取り、焦って前に出てきた相手に得意技の右背負い投げが炸裂し、合わせ技で一本を取りました。2回戦は相手選手と激しい攻防を争う試合となりましたが、残念ながら敗退となりました。試合には負けたものの、1・2回戦ともに練習してきた成果を存分に発揮した良い試合となりました。

 3年生は今大会をもってひとまず引退となります。10月にエキシビションマッチがあるため部活動には参加しますが、今後は1・2年生が主体となります。1・2年生には3年生が築き上げた伝統を引き継ぎ、さらに発展させてほしいと思います。

2022/05/15

テニス部

第62回東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)

大会名:第62回東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)

日  時:5月15日(日)、21日(土)

会  場:都立小金井公園

◎男子出場選手

長尾朋哉(3A8)、山縣佑旭(3A8)

有川晄陽(2A5)、角田 虎太朗(2A6)

溝口昌幸(1A7)

1回戦:BYE

2回戦:芝浦工業大学付属 3-0

     D→長尾・山縣6-2

     S1→角田6-4

     S2→溝口6-0

3回戦:城東 2-1

     D→長尾・山縣2-6

     S1→角田6-0

     S2→溝口6-0

4回戦:W.O(不戦勝)

5回戦:東京成徳 2-1

     D→長尾・山縣5-7

     S1→角田6-3

     S2→溝口6-1

6回戦:東海大菅生 0-2

     D→長尾・角田0-6

     S1→山縣0-6

東京都ベスト16進出

 

多くの方々のサポートのもと、今大会に臨むことができました。日頃の練習では多くの部員が大会に向けて選手のサポートをしていました。出場した選手たちはそうしたサポートを受け止め、代表として堂々とした姿で試合を行いました。長尾・山縣はダブルスでの試合での活躍は勿論ですが、3年生として献身的に後輩をサポートしてチームをまとめあげました。角田はシングルス1として、安定したプレーでチームを牽引しました。今大会が初の公式戦となったシングルス2溝口は、コーナーを突くショットを放ち、落ち着いたプレーでデビューを果たしました。しかし、シード校である東海大菅生高校には力が及ばず、東京都ベスト16で今大会を終えました。今後は新チームへと移り変わっていく中で、新しい目標を掲げて練習により一層励んでいきたいと思います。今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。

2022/05/14

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都第三支部予選会

日  時:団体戦:5月14日(土) 個人戦:5月15日(日)

会  場:団体戦:淑徳高校 個人戦:巣鴨高校

◎男子団体戦 

先鋒 小玉泰己(3A7)

次鋒 田中駿埜(1A7)

中堅 二上良成(2A7)

副将 菅野慶輝(2A2)

大将 石橋 潤(2A6)

1回戦 堀越 0-5 杉並工業高校

代表決定戦 堀越 1-4 本郷高校

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退、代表決定戦勝利

→東京都大会進出

66キロ級

田中駿埜(1A7) 1回戦敗退

二上良成(2A7) 1回戦敗退

2022/05/07

卓球部 

東京都高等学校総合体育大会

大会名:東京都高等学校総合体育大会

日  時:ダブルス:5月7日(土)、5月8日(日)/学校対抗:5月15日(日)/シングルス:5月21日(土)、5月22日(日)、5月28日(土)

会  場:ダブルス:駒沢屋内球技場、明大明治高校/学校対抗:白鷗高校/シングルス:五日市ファインプラザ、福生市中央体育館/シングルス:大田桜台高校、秋川体育館

【ダブルス】

1回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)3-0日野台

佐伯啓太(2A4)・藤田駿斗(2C1)1-3創価

木村飛月(2C1)・仲村利音(2C1)3-0国立

菊地唯人(3A2)・斉藤利紀(3A3)3-0日野台

曽我柊斗(3A2)・辻 一喜(3A8)3-0 明星

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)3-0東

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-0高輪

2回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)3-1 東海大高輪台

木村飛月(2C1)・仲村利音(2C1)2-3 板橋

菊地唯人(3A2)・斉藤利紀(3A3)1-3新宿

曽我柊斗(3A2)・辻 一喜(3A8)1-3 東海大高輪台

久保田 匠(3A7)・相馬一貴(3A7)0-3 三田

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)3-0 昭和鉄道

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-1 桐朋

3回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)1-3 東海大菅生

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)2-3大田桜台

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-0国立

4回戦

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)0-3足立学園

【学校対抗】 

1回戦 堀越3-1創価

2回戦 堀越3-0文京

3回戦 堀越3-2府中西

4回戦 堀越1-3東海大高輪台

【シングルス】

1回戦

佐伯啓太(2A4)3-1品川翔英

小林 仁(2A5)2-3調布南

藤田駿斗(2C1)3-1桜町

曽我柊斗(3A2)0-3宝仙学園

遠藤雄大(3A7)3-0広尾

相馬一貴(3A7)3-1創価

辻 一喜(3A8)3-0早大学院

2回戦

大脇知也(2A2)0-3小川

江幡航平(2A5)0-3久留米西

佐伯啓太(2A4) 0-3筑波大駒場

藤田駿斗(2C1)0-3八王子

菊地唯人(3A2)0-3江戸川

斉藤利紀(3A3)1-3九段

遠藤雄大(3A7)2-3武蔵野北

久保田 匠(3A7)0-3自由ヶ丘

相馬一貴(3A7)3-1朋優学院

辻 一喜(3A8)3-0明治学院

江川叶真(3C1)3-0麻布

木戸龍哉(3C1)0-3明大明治

3回戦

的場遥大(1C1b)3-1久留米西

仲村利音(2C1)3-1東海大菅生

相馬一貴(3A7)1-3豊南

三上凌雅(3A7)0-3明大中野

辻 一喜(3A8)0-3足立学園

江川叶真(3C1)3-0小岩

須田大悟(3C1)3-0巣鴨

4回戦

的場遥大(1C1b)3-1成城

木村飛月(2C1)1-3足立東

仲村利音(2C1)2-3東海大高輪台

江川叶真(3C1)3-1拝島

須田大悟(3C1)3-1穎明館

5回戦

的場遥大(1C1b)0-3実践学園 

江川叶真(3C1)0-3大田桜台

須田大悟(3C1)0-3足立学園

【反省】

 3年生にとって集大成となる大会が終わりました。シングルス・ダブルスともに全力を尽くして闘い抜く姿勢が見られました。先輩の姿を見て練習に励んできた下級生も徐々に勝てるようになり、成長が窺われます。学校対抗戦では5年ぶりに東京都の32校まで残り、次の新人大会のシード権を獲得することができました。この結果を自信に変え、新体制でもモチベーションを高くして取り組んでいきたいと思います。

2022/05/07

陸上競技部

第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

大会名:第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

日  時:5月7・8・14・15日(土・日)

会  場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

◎100m

⇒鶴丸力都(3C2) 予選11秒43

◎200m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選22秒52(自己ベスト)

              準決勝22秒65

◎4×100mリレー

⇒43秒22

(1)志村伊武季(1C1a)(2)鶴丸力都(3C2)

(3)黒坂文弥(2C2)  (4)塚田海斗(3C2)

◎4×400mリレー

⇒3分30秒08

(1)古家徳真(2C2) (2)石田操(2C2)

(3)鶴丸力都(3C2) (4)塚田海斗(3C2)

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2) 1m80cm

◎走幅跳

⇒塚田海斗(3C2) 6m63㎝

⇒吉田 輝(2C2) 6m51㎝

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a) 7m63㎝

 都総体が駒沢陸上競技場で関係者限定の有観客にて行われました。今回の試合は全国大会に繋がる大事な試合であり、選手はいつも以上に集中力を高めて試合に臨みました。今大会は例年に比べて決勝の記録が低く、関東大会出場へのチャンスが大いにある大会でした。しかし、終わってみれば結果は振るわず、誰一人として関東大会に出場することができませんでした。都大会の雰囲気に吞まれ、支部予選や日々の練習で発揮できていたパフォーマンスができなかったことが敗因です。今後は、多くの試合に出場して試合慣れすることで、緊張する中でも大勝負の舞台でベストパフォーマンスが発揮できるように精神面を強化していくことが課題となります。1・2年生は秋季の新人戦に向けて一人でも多くの選手が上位大会に行けるよう、また、3年生は残り数少ない大会の中で有終の美を飾れるよう、自己ベストの更新を目指して日々の練習に取り組んでいきます。

 6月11日(土)・12日(日)に国士舘大学球陸上競技場にて、国士舘大学競技会が開催され、6月25日(土)・26日(日)に世田谷砧陸上競技場にて第4支部学年別大会が開催されます。今回の悔しさをばねに、部員一同、全力で邁進していきますので、今後とも応援をよろしくお願いします。

TOP
堀越高校100周年
部活動記録
2022/05/21

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

日  時:5月21日(土)

会  場:東京武道館

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の第三支部予選会が5月14日(土)、15日(日)に開催されました。団体戦は初戦から優勝候補である第1シード校と対戦しました。結果的には敗退しましたが、想像以上に粘り強く戦うことができて練習の成果が確実に身に付いていることを実感しました。代表決定戦では、中堅の二上良成(2A7)が圧倒的な組手からの大内刈りでポイントを取り、団体戦で唯一勝ち星をあげました。

 翌日15日(日)の個人戦では、東京都大会進出を目標に3名の選手が出場しました。66キロ級に出場した田中駿埜(1A7)・二上良成(2A7)の2名は、本来の力を発揮することができず1回戦敗退となりました。60キロ級に出場した小玉泰己(3A7)は1回戦不戦勝。2回戦を勝てば東京都大会進出という大切な一戦でしたが、実力及ばず敗退しました。しかし、代表決定戦では3年間磨いてきた背負い投げがさく裂して見事勝利、東京都大会進出を勝ち取りました。

 5月21日(土)に開催された全国高等学校総合体育大会(インターハイ)東京都予選会には、60キロ級の小玉泰己(3A7)が出場しました。1回戦の相手は3年生ということもあり、お互いの実力が拮抗した大接戦となりました。試合後半、新たに練習して身に付けた左の一本背負いでポイントを取り、焦って前に出てきた相手に得意技の右背負い投げが炸裂し、合わせ技で一本を取りました。2回戦は相手選手と激しい攻防を争う試合となりましたが、残念ながら敗退となりました。試合には負けたものの、1・2回戦ともに練習してきた成果を存分に発揮した良い試合となりました。

 3年生は今大会をもってひとまず引退となります。10月にエキシビションマッチがあるため部活動には参加しますが、今後は1・2年生が主体となります。1・2年生には3年生が築き上げた伝統を引き継ぎ、さらに発展させてほしいと思います。

2022/05/15

テニス部

第62回東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)

大会名:第62回東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)

日  時:5月15日(日)、21日(土)

会  場:都立小金井公園

◎男子出場選手

長尾朋哉(3A8)、山縣佑旭(3A8)

有川晄陽(2A5)、角田 虎太朗(2A6)

溝口昌幸(1A7)

1回戦:BYE

2回戦:芝浦工業大学付属 3-0

     D→長尾・山縣6-2

     S1→角田6-4

     S2→溝口6-0

3回戦:城東 2-1

     D→長尾・山縣2-6

     S1→角田6-0

     S2→溝口6-0

4回戦:W.O(不戦勝)

5回戦:東京成徳 2-1

     D→長尾・山縣5-7

     S1→角田6-3

     S2→溝口6-1

6回戦:東海大菅生 0-2

     D→長尾・角田0-6

     S1→山縣0-6

東京都ベスト16進出

 

多くの方々のサポートのもと、今大会に臨むことができました。日頃の練習では多くの部員が大会に向けて選手のサポートをしていました。出場した選手たちはそうしたサポートを受け止め、代表として堂々とした姿で試合を行いました。長尾・山縣はダブルスでの試合での活躍は勿論ですが、3年生として献身的に後輩をサポートしてチームをまとめあげました。角田はシングルス1として、安定したプレーでチームを牽引しました。今大会が初の公式戦となったシングルス2溝口は、コーナーを突くショットを放ち、落ち着いたプレーでデビューを果たしました。しかし、シード校である東海大菅生高校には力が及ばず、東京都ベスト16で今大会を終えました。今後は新チームへと移り変わっていく中で、新しい目標を掲げて練習により一層励んでいきたいと思います。今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。

2022/05/14

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都第三支部予選会

日  時:団体戦:5月14日(土) 個人戦:5月15日(日)

会  場:団体戦:淑徳高校 個人戦:巣鴨高校

◎男子団体戦 

先鋒 小玉泰己(3A7)

次鋒 田中駿埜(1A7)

中堅 二上良成(2A7)

副将 菅野慶輝(2A2)

大将 石橋 潤(2A6)

1回戦 堀越 0-5 杉並工業高校

代表決定戦 堀越 1-4 本郷高校

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退、代表決定戦勝利

→東京都大会進出

66キロ級

田中駿埜(1A7) 1回戦敗退

二上良成(2A7) 1回戦敗退

2022/05/07

卓球部 

東京都高等学校総合体育大会

大会名:東京都高等学校総合体育大会

日  時:ダブルス:5月7日(土)、5月8日(日)/学校対抗:5月15日(日)/シングルス:5月21日(土)、5月22日(日)、5月28日(土)

会  場:ダブルス:駒沢屋内球技場、明大明治高校/学校対抗:白鷗高校/シングルス:五日市ファインプラザ、福生市中央体育館/シングルス:大田桜台高校、秋川体育館

【ダブルス】

1回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)3-0日野台

佐伯啓太(2A4)・藤田駿斗(2C1)1-3創価

木村飛月(2C1)・仲村利音(2C1)3-0国立

菊地唯人(3A2)・斉藤利紀(3A3)3-0日野台

曽我柊斗(3A2)・辻 一喜(3A8)3-0 明星

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)3-0東

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-0高輪

2回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)3-1 東海大高輪台

木村飛月(2C1)・仲村利音(2C1)2-3 板橋

菊地唯人(3A2)・斉藤利紀(3A3)1-3新宿

曽我柊斗(3A2)・辻 一喜(3A8)1-3 東海大高輪台

久保田 匠(3A7)・相馬一貴(3A7)0-3 三田

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)3-0 昭和鉄道

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-1 桐朋

3回戦

的場遥大(1C1b)・遠藤雄大(3A7)1-3 東海大菅生

三上凌雅(3A7)・江川叶真(3C1)2-3大田桜台

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)3-0国立

4回戦

木戸龍哉(3C1)・須田大悟(3C1)0-3足立学園

【学校対抗】 

1回戦 堀越3-1創価

2回戦 堀越3-0文京

3回戦 堀越3-2府中西

4回戦 堀越1-3東海大高輪台

【シングルス】

1回戦

佐伯啓太(2A4)3-1品川翔英

小林 仁(2A5)2-3調布南

藤田駿斗(2C1)3-1桜町

曽我柊斗(3A2)0-3宝仙学園

遠藤雄大(3A7)3-0広尾

相馬一貴(3A7)3-1創価

辻 一喜(3A8)3-0早大学院

2回戦

大脇知也(2A2)0-3小川

江幡航平(2A5)0-3久留米西

佐伯啓太(2A4) 0-3筑波大駒場

藤田駿斗(2C1)0-3八王子

菊地唯人(3A2)0-3江戸川

斉藤利紀(3A3)1-3九段

遠藤雄大(3A7)2-3武蔵野北

久保田 匠(3A7)0-3自由ヶ丘

相馬一貴(3A7)3-1朋優学院

辻 一喜(3A8)3-0明治学院

江川叶真(3C1)3-0麻布

木戸龍哉(3C1)0-3明大明治

3回戦

的場遥大(1C1b)3-1久留米西

仲村利音(2C1)3-1東海大菅生

相馬一貴(3A7)1-3豊南

三上凌雅(3A7)0-3明大中野

辻 一喜(3A8)0-3足立学園

江川叶真(3C1)3-0小岩

須田大悟(3C1)3-0巣鴨

4回戦

的場遥大(1C1b)3-1成城

木村飛月(2C1)1-3足立東

仲村利音(2C1)2-3東海大高輪台

江川叶真(3C1)3-1拝島

須田大悟(3C1)3-1穎明館

5回戦

的場遥大(1C1b)0-3実践学園 

江川叶真(3C1)0-3大田桜台

須田大悟(3C1)0-3足立学園

【反省】

 3年生にとって集大成となる大会が終わりました。シングルス・ダブルスともに全力を尽くして闘い抜く姿勢が見られました。先輩の姿を見て練習に励んできた下級生も徐々に勝てるようになり、成長が窺われます。学校対抗戦では5年ぶりに東京都の32校まで残り、次の新人大会のシード権を獲得することができました。この結果を自信に変え、新体制でもモチベーションを高くして取り組んでいきたいと思います。

2022/05/07

陸上競技部

第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

大会名:第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

日  時:5月7・8・14・15日(土・日)

会  場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

◎100m

⇒鶴丸力都(3C2) 予選11秒43

◎200m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選22秒52(自己ベスト)

              準決勝22秒65

◎4×100mリレー

⇒43秒22

(1)志村伊武季(1C1a)(2)鶴丸力都(3C2)

(3)黒坂文弥(2C2)  (4)塚田海斗(3C2)

◎4×400mリレー

⇒3分30秒08

(1)古家徳真(2C2) (2)石田操(2C2)

(3)鶴丸力都(3C2) (4)塚田海斗(3C2)

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2) 1m80cm

◎走幅跳

⇒塚田海斗(3C2) 6m63㎝

⇒吉田 輝(2C2) 6m51㎝

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a) 7m63㎝

 都総体が駒沢陸上競技場で関係者限定の有観客にて行われました。今回の試合は全国大会に繋がる大事な試合であり、選手はいつも以上に集中力を高めて試合に臨みました。今大会は例年に比べて決勝の記録が低く、関東大会出場へのチャンスが大いにある大会でした。しかし、終わってみれば結果は振るわず、誰一人として関東大会に出場することができませんでした。都大会の雰囲気に吞まれ、支部予選や日々の練習で発揮できていたパフォーマンスができなかったことが敗因です。今後は、多くの試合に出場して試合慣れすることで、緊張する中でも大勝負の舞台でベストパフォーマンスが発揮できるように精神面を強化していくことが課題となります。1・2年生は秋季の新人戦に向けて一人でも多くの選手が上位大会に行けるよう、また、3年生は残り数少ない大会の中で有終の美を飾れるよう、自己ベストの更新を目指して日々の練習に取り組んでいきます。

 6月11日(土)・12日(日)に国士舘大学球陸上競技場にて、国士舘大学競技会が開催され、6月25日(土)・26日(日)に世田谷砧陸上競技場にて第4支部学年別大会が開催されます。今回の悔しさをばねに、部員一同、全力で邁進していきますので、今後とも応援をよろしくお願いします。

TOP
category-info2