堀越高等学校100周年

2024年01月04日

サッカー部が新たな扉を開く全国ベスト4進出

1月4日、堀越高校サッカー部は県立柏の葉公園総合競技場で行われた第102回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝に臨み、佐賀東(佐賀)に勝利。堀越高校サッカー部として初めて全国ベスト4進出を果たした。

堀越高校は、試合開始から攻め込まれる時間が多かったが、重苦しい空気を切り裂いたのはキャプテンのFW中村だった。前半19分、右サイドのペナルティーエリア外から左足を振り抜くとボールはゴール左隅に突き刺さった。前半は1対0で終了するが、後半も佐賀東の猛攻は続く。しかし後半27分、FW中村が右サイドからクロスを上げるとMF仲谷がゴール右へ流し込み、2試合連続となる2点目を上げる。だが、ここから佐賀東が猛攻撃を仕掛けてくる。後半33分、ゴール前の混戦から押し込まれて2対1。その後も堀越高校のゴール前で何度も決定機を作るが、枠に2度嫌われるなどゴールが遠い。堀越高校もGK吉富を中心にゴールを守り抜き、終了のホイッスルが響いた。

堀越高校サッカー部は3年前の全国ベスト8を越え、全国ベスト4進出という新しい扉を開いた。学園創立100周年に華を添える快進撃。次戦は国立競技場で準決勝に臨む。

本日もたくさんの応援をありがとうございました。

次戦の1月6日、国立競技場で14時20分から近江(滋賀)と対戦します。国立競技場で躍動する選手に熱い応援をよろしくお願い致します。

※全国高校サッカー選手権大会は、会場での当日販売は行っておりません。

事前にインターネットでチケット購入が必要です。詳しくは、公式ホームページでご確認ください。

index