堀越高等学校100周年
2022年5月7日
3年生、2年生の保護者会

5月7日(土)午前中に3年生、午後に2年生の保護者会を行いました。

3年生の保護者会は、10時から体育館で全体保護者会。高松先生から3学年担当教諭陣の紹介後、学年目標「充実 ~育てよう7つの緑~」と学年方針「①生活指導よりも進路指導に重点を置く ②2年間で身に付けてきた7つの力をさらに伸ばし、高校生活を充実させる ③今年の学園生活が進路先でも生かされる学びの充実」が伝えられ、生徒全員が卒業後に希望の進路へ進めるように指導していくことを保護者の皆様に約束しました。また、保護者の皆様に、生徒たちが規則正しい生活を送るサポート及び家庭内でも進路についてたくさん話をしていただきたいとお願いしました。続いて、進路指導部長の和田先生から「本校では生徒一人ひとりに合った進路決定に向けて指導しています。進路を決めるときに大切なことは、本人が何をしたいのか、自分で気づき、自分で決めて、主体性を持って行動することです。私たちは生徒が将来に対して向き合っている気持ちを大切にして、全力でサポートします」とお話がありました。全体保護者会後は教室へ移動。クラスに分かれて学級懇談会を行いました。学級懇談会では担任教諭の自己紹介、進路決定に向けてのプロセス、研修旅行等の説明が行われました。堀越高校での最後の1年間、生徒たちが充実した時間を過ごして将来へ羽ばたけるように、教員と保護者の方との連携を密にしていくことをお願いしました。学級懇談会終了後、教員と熱心に話をする保護者の方々の姿が印象的でした。

2年生の保護者会は、13時から実施。体育館での全体保護者会では学年主任の佐藤先生から2学年担当教諭陣の紹介後、「2学年の学年目標は、“心に光を”です。生徒一人ひとりの心に宿る温かな光を仲間たちに向けて欲しい、そして自分自身にもスポットライトを当てて欲しいと考えました。日々の学園生活、学習活動、部活動や生徒会活動、そして学校行事に全力で取り組み、精一杯やり切った経験を自信に変えて欲しいと願っています。私たちは常に生徒を見守り、生徒のファイティングポーズをサポートしていきます。保護者の皆様が何かを感じた時には、すぐにご連絡ください。保護者の皆様と学校がひとつになって生徒の成長を見守ることができるよう、ご協力をお願いします」とお話がありました。

続いて、進路指導部長の和田先生から4月に行った第2学年進路希望調査の結果、今後の主な進路指導計画、就職・専門学校・大学に関するアドバイス等があり、「進路指導は、生徒一人ひとりの特性に適した進路の決定を薦めています。2年次は、大学や専門学校のオープンキャンパスや出前授業など、体験学習を多く用意しています。様々な体験を通して、気づき、主体性を持って行動して欲しいと考えています。大切なことは、主体性です。大学でどんな勉強をしたいのか、どんな会社や職場で活躍したいのか、自分の気持ちをしっかり言葉にすることを学んでほしいと指導しています」とお話がありました。

学級懇談会は担任教諭の自己紹介、学級目標、学級運営方針等の説明のほか、クラスの様子を写真で紹介するなど生徒たちの日常を話しながら、教員と保護者の距離を縮めリラックスした空気に包まれて終了しました。

TOP
堀越高校100周年
2022年5月7日
3年生、2年生の保護者会

5月7日(土)午前中に3年生、午後に2年生の保護者会を行いました。

3年生の保護者会は、10時から体育館で全体保護者会。高松先生から3学年担当教諭陣の紹介後、学年目標「充実 ~育てよう7つの緑~」と学年方針「①生活指導よりも進路指導に重点を置く ②2年間で身に付けてきた7つの力をさらに伸ばし、高校生活を充実させる ③今年の学園生活が進路先でも生かされる学びの充実」が伝えられ、生徒全員が卒業後に希望の進路へ進めるように指導していくことを保護者の皆様に約束しました。また、保護者の皆様に、生徒たちが規則正しい生活を送るサポート及び家庭内でも進路についてたくさん話をしていただきたいとお願いしました。続いて、進路指導部長の和田先生から「本校では生徒一人ひとりに合った進路決定に向けて指導しています。進路を決めるときに大切なことは、本人が何をしたいのか、自分で気づき、自分で決めて、主体性を持って行動することです。私たちは生徒が将来に対して向き合っている気持ちを大切にして、全力でサポートします」とお話がありました。全体保護者会後は教室へ移動。クラスに分かれて学級懇談会を行いました。学級懇談会では担任教諭の自己紹介、進路決定に向けてのプロセス、研修旅行等の説明が行われました。堀越高校での最後の1年間、生徒たちが充実した時間を過ごして将来へ羽ばたけるように、教員と保護者の方との連携を密にしていくことをお願いしました。学級懇談会終了後、教員と熱心に話をする保護者の方々の姿が印象的でした。

2年生の保護者会は、13時から実施。体育館での全体保護者会では学年主任の佐藤先生から2学年担当教諭陣の紹介後、「2学年の学年目標は、“心に光を”です。生徒一人ひとりの心に宿る温かな光を仲間たちに向けて欲しい、そして自分自身にもスポットライトを当てて欲しいと考えました。日々の学園生活、学習活動、部活動や生徒会活動、そして学校行事に全力で取り組み、精一杯やり切った経験を自信に変えて欲しいと願っています。私たちは常に生徒を見守り、生徒のファイティングポーズをサポートしていきます。保護者の皆様が何かを感じた時には、すぐにご連絡ください。保護者の皆様と学校がひとつになって生徒の成長を見守ることができるよう、ご協力をお願いします」とお話がありました。

続いて、進路指導部長の和田先生から4月に行った第2学年進路希望調査の結果、今後の主な進路指導計画、就職・専門学校・大学に関するアドバイス等があり、「進路指導は、生徒一人ひとりの特性に適した進路の決定を薦めています。2年次は、大学や専門学校のオープンキャンパスや出前授業など、体験学習を多く用意しています。様々な体験を通して、気づき、主体性を持って行動して欲しいと考えています。大切なことは、主体性です。大学でどんな勉強をしたいのか、どんな会社や職場で活躍したいのか、自分の気持ちをしっかり言葉にすることを学んでほしいと指導しています」とお話がありました。

学級懇談会は担任教諭の自己紹介、学級目標、学級運営方針等の説明のほか、クラスの様子を写真で紹介するなど生徒たちの日常を話しながら、教員と保護者の距離を縮めリラックスした空気に包まれて終了しました。

TOP
category-info1