堀越高等学校
HORIKOSHI CLUB BLOG

2020/05/20

薔薇つながりで本の紹介

『星の王子さま』を読んだことがありますか?

内容よりも、挿絵の方がみなさんには親しみがあるかもしれませんね。

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さま。

一度読んだら必ず宝物にしたくなる、この宝石のような物語は、刊行後六十年以上たった今も、世界中でみんなの心をつかんで離さない素敵な本です。最も愛らしく毅然とした王子さま…挿絵だけでなく是非、本も読んだ見ましょう。

素敵はひとことを紹介します。旅の途中で出会ったキツネに王子さまは

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだ」

といわれます。休校期間に時間がたくさんあります。本に触れて感性を磨きましょう✨


2020/05/20

薔薇が綺麗な季節

我が家の庭の薔薇が綺麗に咲き始めました

ここ数日の雨で色が褪せてしまったのが、

残念ですが…。花も、種類ごとにちゃんと名前があるんてす。ちなみにこれは知人からいただいたプリンセス・マサコという品種です。

花も、種類ごとにちゃんと名前があるんてす。


2020/05/15

『モモ』

 町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになります。

そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。「時間」とは何かを問う、エンデの名作

劇団四季で舞台にもなりました。小学生の時に演劇鑑賞で舞台を観に行き、それがきっかけで読んだ一冊。

その後の感想文です。


2020/05/15

読書ノート

本棚を整理していたら、懐かしいノート発見。読書ノートが出てきました。担任の先生のお話をよく聞き、今のわたしよりずっと純粋だったみたいです。


2020/05/12

わたしの本棚

あまり片付けてませんが…

初公開

小学生の頃に読んだ本は大事にとってあり、いまは姪三姉妹が読んでます。世代が変わっても琴線に触れる内容は変わらないのですね

2020/05/12

心のビタミン

みなさん
こんにちは
学校の図書室も、公共図書館もおやすみで
本が読みた〜いという人も、たくさんいますね。

自分の本棚をもう一度見直して、
子どもの頃に読んだ本を読み直しても
新しい発見があります。

ちなみに
わたしが子どもの頃に読んだ本は
大切にとってあるのですが、
いまは、小学2.3年生の姪が読んでます。

本棚を片付けたら、
小学生の頃の読書ノートもでてきて
びっくり‼️

今だからできること、
今しかできないことを
楽しんでみましょう


2019/10/02

図書委員会です

漢字検定や英語検定がちかいので、生徒達は遅くまで残って勉強してます。


Copyright 2020 Horikoshigakuen.All Rights Reserved.
category