堀越高等学校
HORIKOSHI CLUB BLOG

2020/04/29

陸上競技部の家でやろう④

部活動の練習は新型コロナウイルス感染症対策と同じで、現在の取り組みが未来の結果につながります。

インターハイの中止が決まってしまいましたが、今後別の試合が開催された時に備えて部員たちは自宅トレーニングに励んでいます。

今日紹介する練習メニューは、トレーニングの基礎、体幹トレーニングです。

堀越高校 陸上競技部 家でできる練習メニューvol.4

「ウイルスに負けないよう日々努力!」

プランク 1分間×3セット

身体が真っ直ぐになるように姿勢を保つことがポイントです。

プランクのトレーニングについては堀越高校アメリカンフットボール部の部活動ブログに詳しく載ってますので、そちらもチェックしてみてください。


2020/04/26

陸上競技部の家でやろう③

短距離ランナーの体型を思い浮かべてみてください。

どこの筋肉が発達してるでしょうか。

太い太もも。

バキバキの腹筋。

腕まわりはどうでしょう。

つい脚や体幹にイメージがいきがちですが、短距離ランナーは、身体のブレを抑え力強い腕振りで前に進む力を生み出すために、胸筋や上腕二頭筋(力こぶ)もトレーニングします。

堀越高校 陸上競技部 家でできる練習メニューvol.3

「ウイルスに負けない肉体に!」

アームカール 腕が上がらなくなるまで、限界まで追い込む!

ダンベルの重さにもよりますが、目安としては20回×3セット


2020/04/23

陸上競技部の家でやろう②

走・跳・投

陸上競技には様々な種目があります。

堀越高校の部員の専門種目も多様であり、100m走のトラック種目や三段跳のフィールド種目など、様々な種目に出場しています。

自己ベストを出すためには、闇雲に脚力や腕力を強化すればいいというわけではありません。

どの種目においても、思い描く理想的な動きをするためには自分の身体をコントロールする基礎筋力が重要です。

いわゆる体幹です。

体幹を鍛えると正しい姿勢を保つ力がつき、競技力が向上するだけでなく机に向かう集中力も高まります。

堀越高校 陸上競技部 家でできる練習メニューvol.2

「万里一空!」

万里一空とは、目標をしっかりと見据え努力を積み重ね続けるという意味の四字熟語です。

V字腹筋 30回×3セット


2020/04/21

陸上競技部の家でやろう①

日頃の小さな積み重ねが大きな差を作る。

地道な練習が自己ベストにつながります。

陸上競技部は次の試合がいつになるか分かりませんが、その時にベストパフォーマンスをするために部員は各自で練習に励んでいます。

ここでその練習メニューを紹介していきます。

堀越高校 陸上競技部 家でできる練習メニューvol.1

「ウイルスにも自分にも負けない!」

ひねり腹筋 左右25回ずつ×3セット


2019/12/24

冬季強化合宿最終日

冬季強化合宿の最終日は天気に恵まれ、海の向こうに富士山がきれいに見えました。

ウォーキングの朝練から始まり、最後のメニューは200mのエンドレスリレー×2です。

チームのメンバーから走順、ウォーミングアップまで全てを部員が決めます。

チーム決め

エンドレスリレー開始!

各チーム応援に力が入ります。とても良い雰囲気の中で走りました!

マイルリレー を意識したバトンパス

合宿すべての練習を終えて宿に戻ると、宿の方から餅つきのプレゼントが!

餅つき

この後の昼食で、つきたての餅を美味しくいただきました。

合宿を通じて心技体を鍛え、部のチームワークが一層高まった冬季強化合宿とすることができました。

インターハイ出場を目指し、これからの冬季練習にも意欲的に取り組んでいきます。

これからの堀越高校陸上競技部の応援をよろしくお願いします!


Copyright 2020 Horikoshigakuen.All Rights Reserved.
category