堀越高等学校
HORIKOSHI CLUB BLOG
堀越高等学校クラブブログ

2020年5月22日


理科部

5月13日の木星と土星と月の接近は、曇りがちだったため見られなかったところが多かったでしょうか?しかし、翌日(14日)の明け方は曇がありながらも早朝にはスッキリと晴れたので、月が離れてしまいましたが、その様子を撮影しました。都会の光害と下弦前の明るい月があるため、写っている星の数は少ないですが、木星と土星、火星はわかります。

さて、今度は5月24日の夕方、水星と金星、細い月の三者の接近があります。19時30分ごろが目安で、日の入り後40分たったころです。位置は西北西の空かなり低く、西空が開けていないと見にくいですが、金星が明るいので、金星を見つけて細い月や水星を探すとよいでしょう。天体の世界の3密は地球から見た見かけの3密です。ですから、実際の相互の距離は近づくわけではありませんが、自宅で西空を見渡せる人は是非チャレンジしてみましょう!宵の明星として見ることができる金星が、内合までの(6月4日)期間で、いつまで見られるか?これも一つのポイントです。実際に観察するときには安全に注意しながら見てください。


Copyright 2020 Horikoshigakuen.All Rights Reserved.
single