堀越高等学校
HORIKOSHI CLUB BLOG
堀越高等学校クラブブログ

2020年10月5日


アメリカンフットボール部

3年生にとっていよいよ最後のクリスマスボウルをかけた全国高等学校選手権大会東京都秋季大会予選がスタートしました。

今年度は、上級大会を目指す学校のみでの試合となりました。

春季大会がコロナ禍により中止で3年生にとってはラストイヤー最初で最後の今年度公式戦となります。

前日にはゴールドパンツ、ヘルメットステッカー、ラインテープを配布し翌日の試合を迎えました。

対戦相手は、昨年度東京都3位、関東大会校出場校で今大会第3シードの早稲田実業学校WARRIORSです。

結果は

東京高校アメリカンフットボールより引用

結果は5-3で勝利することができました。

ゲーム内容は以下の通りです。

早稲田実業のオフェンスで試合開始をしました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: da0de7a287f0b29b35b472afdb460a61-4.jpg

開始早々、1stシリーズを3回の攻撃できっちり抑えたものの、パントリターンでのミスでピンチを背負います。

何とか守りきりその後は、お互い攻めあぐね1Qが0-0で終了。

2Q開始直後、堀越オフェンスがエンドゾーン目前まで攻めるも得点にはつながりませんでした。

しかし!!

攻守がかわりディフェンスが相手QBをエンドゾーン内でタックルしセイフティというビックプレーで2点を先制しました。

写真は昨シーズンのものです。

その後は、大きな動きもなく2Qが2-0の堀越リードで前半を折り返しました。

3Q、堀越オフェンスがまたもパントになり陣地の挽回を図ろうとしましたが、相手選手の猛ラッシュでパントがブロックされるという大ピンチが起きてしまいました。

ゴールまでの残り10yない絶体絶命の状況での堀越ディフェンス。

一度はゴール前1yまで追い詰められますが、守護神LB西野のロスタックルとDLの渾身のラッシュで見事にエンドラインは守りきり、逆転はされたもののキックの3失点で抑えました。

写真は昨シーズンのものです。

2-3と追いかけるかたちで最後の4Qに入りました。

逆転をかけた堀越オフェンス。

写真は昨シーズンのものです。

時間をかけてじわじわと敵陣へと攻めていきます。

写真は昨シーズンのものです。

ゴール前までボールを運ぶも早実ディフェンスも粘り、エンドラインは許しません。

それでもFGでキッカーの西野が見事に決め5-3と逆転に成功しました。

写真は昨シーズンのものです。

最後の早実オフェンスをきっちり4本抑え込み、時間をつぶす堀越オフェンスでしたが最後に時間を9秒残してしまい早実のラストドライブとなりました。

一発逆転のロングパスを狙うものの、主将石岡のパスカットにより試合終了となり見事勝利することができました。

第3シードに歴史的勝利をし、関東大会まであと1勝というところにきました。

しかし、今回堀越高校が入っているブロックは第3シード 早稲田実業、名門 駒場学園、都立の雄 西高校と全ブロックの中でもかなり混戦で一番熾烈とも言われています。

次節は、都立西高校に勝利した駒場学園との運命の一戦となりました。

昨年の春に逃した関東大会の切符を必ず勝ち取れるよう頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします!!

最後にマネージャーの作った小熊新聞もご覧ください。

20201003181246


Copyright 2020 Horikoshigakuen.All Rights Reserved.
single