堀越高等学校100周年
k

【陸上競技部】

令和5年度東京高体連陸上競技第4支部春季競技会

2023年04月02日

大会名:令和5年度東京高体連陸上競技第4支部春季競技会

日  時:4月2日(日)・4月3日(月)  

会  場:世田谷総合運動公園砧陸上競技場

◎男子の部

〇100m

⇒黒坂文弥(3C2)11秒07

⇒清水健太(3C2)11秒99(自己新記録)

⇒篠原健志(3C2)11秒83

⇒ボンゴーランジョセフ瑛(1C2)12秒30

⇒大塚  凪(1C3)11秒61

⇒本田光輝(1C3)12秒47

⇒牧野陽日(1C3)11秒87

⇒松原瀧月(1C3)12秒16

⇒渡邊隆寛(1C3)12秒03

〇200m

⇒黒坂文弥(3C2)22秒50

⇒髙﨑碧大(1C2)25秒41

〇400m

⇒大和田魁(2C1a)56秒87           

⇒髙﨑碧大(1C2)55秒90

〇800m

⇒野口幸聖(3C2)1分58秒49(自己新記録)

⇒首藤蓮太郎(2C2a)2分06秒32(自己新記録) 

〇1500m

⇒首藤蓮太郎(2C2a)4分48秒87

〇走幅跳

⇒吉田  輝(3C2)6m34㎝

⇒篠原健志(3C2)6m02㎝

⇒志村伊武季(2C2a)6m57㎝(自己新記録)

⇒ボンゴーランジョセフ瑛(1C2)5m72㎝

⇒大塚  凪(1C3)6m13㎝ 

〇三段跳

⇒吉田  輝(3C2)14m16㎝(自己新記録)

⇒志村伊武季(2C2a)13m07㎝(自己新記録) 

〇円盤投

⇒古家徳真(3C2)39m61㎝(自己新記録)

⇒豊田  翼(2C1a)33m72㎝(自己新記録)

〇砲丸投

⇒矢代賢汰(1C1)7m87㎝ 

〇4×100mリレー

45秒24     

(1)古家徳真(3C2) (2)志村 伊武季(2C2a)

(3)黒坂文弥(3C2) (4)清水健太(3C2)

◎女子の部

〇100m

⇒濵中茉緒(2C2b)13秒85

⇒髙木彩華(1C1)14秒04

⇒山口ひなた(1C1)14秒59

〇200m

⇒髙木彩華(1C1)29秒76

⇒山口ひなた(1C1)31秒53

〇走幅跳

⇒濵中茉緒(2C2b)4m76㎝

今年度は新入生11名を迎え、部員25名で第4支部春季競技会に臨みました。新2・3年生が温かいフォローやアドバイスを行い、新入生はフレッシュな力を発揮することができていました。その中でも大塚(1C3)は100mにおいて力強い走りで自己ベストを更新しました。専門種目の走幅跳でも、自己ベストの更新に期待がかかる選手です。新2・3年生は冬期練習の成果が表れ、自己ベストを更新した選手が多くいました。また、インターハイ予選に向けての課題を発見し、とても有意義な試合になりました。

令和4年度東京都新人大会第4支部予選会

2022年09月03日

大会名:令和4年度東京都新人大会第4支部予選会

日 時:9月3日(土)、9月4日(日)

会 場:世田谷総合運動公園砧陸上競技場

◎100m
⇒志村 伊武季(1C1a)予選11秒97
⇒黒坂文弥(2C2)予選11秒30
決勝11秒01(自己新記録)第2位
⇒清水健太(2C2)予選12秒30
◎200m
⇒大和田 魁(1C1a)予選25秒66(自己新記録)
⇒石田 操(2C2)予選24秒12 準決勝23秒85
⇒黒坂文弥(2C2)予選22秒71
準決勝22秒19(自己新記録)
決勝22秒19 優勝
◎400m
⇒石井 宗次郎(1C1a)決勝57秒08(自己新記録)
⇒石田 操(2C2)決勝52秒15(自己新記録)第5位
⇒野口幸聖(2C2)決勝52秒40(自己新記録)第6位
◎800m
⇒野口幸聖(2C2)決勝2分00秒18 第3位
◎走幅跳
⇒志村 伊武季(1C1a)決勝6m34㎝ 第2位
⇒篠原健志(2C2)決勝6m01㎝ 第6位
⇒吉田 輝(2C2)決勝6m54㎝ 優勝
◎三段飛
⇒吉田 輝(2C2)12m22㎝(自己新記録) 第3位
◎円盤投
⇒豊田 翼(1C1a)30m87㎝(自己新記録)第2位
⇒古家徳真(2C2)37m92㎝(自己新記録)優勝
◎走高跳
⇒千葉智之(2C2)決勝1m85㎝(自己新記録タイ)優勝
◎4X100m 決勝44秒37 第5位
①石田 操(2C2) ②黒坂文弥(2C2)
③志村 伊武季(1C1a) ④篠原健志(2C2)

9月3日、4日に第4支部の新人戦が世田谷総合運動公園砧陸上競技場で行われ、本校からは13名の選手が出場しました。選手たちは夏季休暇中の練習で学んだことを活かし、それぞれの競技に臨みました。結果、200m・走幅跳・円盤投・走高跳の4種目で優勝し、9名の選手が入賞を果たすことができました。その中でも、黒坂(2C2)・野口(2C2)・吉田(2C2)は2つの種目で入賞することができ、夏季休暇中の練習の成果が表れました。また、古家(2C2)・千葉(2C2)に関しても、次の大会で自己新記録を更新し、関東大会への出場が期待される選手です。「練習は嘘をつかない」と自信をもって今後の大会や練習に臨んでいきます。
なお、入賞した選手に関しては、9月23・24・25日(金・土・日)に駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われる、都大会に出場します。今後とも応援の程、よろしくお願いいたします。

第65回東京私立中学高等学校陸上競技大会

2022年08月24日

大会名:第65回東京私立中学高等学校陸上競技大会

日 時:8月24日(水)~8月26日(金)

会 場:駒沢陸上競技場

◎100m
⇒黒坂文弥(2C2)予選11秒38 準決勝11秒15 決勝11秒09 第7位
⇒清水健太(2C2)予選12秒15
◎400m
⇒石田 操(2C2)予選54秒47
⇒野口幸聖(2C2)予選52秒90(自己新記録)
◎800m
⇒野口幸聖(2C2)予選2分02秒71
◎5000m
⇒首藤 蓮太郎(1C1a)予選20分15秒56
◎走幅跳
⇒志村 伊武季(1C1a)予選6m28cm
決勝6m41cm 第7位
⇒吉田 輝(2C2) 予選6m26cm
◎走高跳
⇒千葉智之(2C2)決勝1m80cm 第7位
◎円盤投
⇒古家徳真(2C2)決勝35m33cm(自己新記録) 第4位
⇒豊田 翼(1C1a)決勝30m40cm 第7位
◎4×100mリレー 44秒55
①石田 操(2C2)②志村 伊武季(1C1a)
③黒坂文弥(2C2)④篠原健志(2C2)
私学大会は東京都内の私立学校のみ参加でき、各種目2名まで出場できる試合です。夏季練習の締めくくりでもあり、練習の成果を確認する場として出場しました。強豪校が多く出場する中、選手たちは必死に競技に取り組み、自己新記録や入賞を果たしました。堀越高校では、投擲(円盤投)の選手が2名しかおらず、いつも2人で切磋琢磨しながら練習をしています。今大会で円盤投に出場した古家(2C2)と豊田(1C1a)は日頃の取り組みが結果として表れ、2人とも入賞を果たしました。深澤先生の指導のもと、今後さらに記録を伸ばしていくこ とが期待されます。

第43回東京都高等学校選抜陸上競技大会・東京都高等学校陸上競技1年生大会

2022年07月09日

大会名:第43回東京都高等学校選抜陸上競技大会・東京都高等学校陸上競技1年生大会

日 時:7月9日(土)・10日(日)

会 場:駒沢陸上競技場

【選抜大会】
◎100m
鶴丸 力都(3C2) ⇒決勝 11秒30
黒坂 文弥(2C2) ⇒決勝 11秒40
◎200m
黒坂 文弥(2C2) ⇒決勝 22秒61
◎800m
野口 幸聖(2C2) ⇒決勝 2分06秒82
◎走幅跳
塚田 海斗(3C2)
⇒予選 6m61cm/決勝 6m67cm 第8位
吉田 輝(2C2) ⇒予選 6m55cm
平井 快(3C2) ⇒予選 5m90cm
◎走高跳
千葉 智之(2C2)
⇒決勝 1m85cm(自己ベストタイ記録) 第7位
【1年生大会】
◎100m
志村 伊武季(1C1a) ⇒予選 11秒72
◎走幅跳
志村 伊武季(1C1a)
⇒予選 6m28cm/決勝 6m36cm 第6位
◎女子走幅跳
濵中 茉緒(1C2b)⇒予選 4m71cm



1学期末試験後直後の試合で、うまく調整をすることが難しかった試合でした。1年生の志村は100m・走幅跳の種目で支部大会を勝ち上がり、走幅跳で見事に入賞を果たして好成績を残す事ができました。3年生最後の試であった、塚田・鶴丸・平井の3名は、最低でも自己新記録を更新しようと最後まで健闘しました。その中でも走幅跳に出場した塚田が、インターハイ予選の都大会で予選敗退した悔しさを晴らし、見事に第8位入賞を果たしました。キャプテンとして最後の意地を見せた試合でした。
今後は、8月に行われる私学大会や9支部大会、9月の新人戦で一人でも多くの生徒が結果を残せることを目指し、日々の鍛錬が結果として表れるように取り組んでいきます。

今後とも陸上競技部の活動にご声援をよろしくお願いいたします。

第43回東京都高体連第4支部学年別陸上競技大会

2022年06月24日

 大会名:第43回東京都高体連第4支部学年別陸上競技大会

日 時:6月24日(土)・25日(日)

会 場:世田谷総合運動公園砧陸上競技場

≪1年生大会≫
◎100m
⇒志村 伊武季(1C1a)
予選 11秒54/決勝 11秒46(自己ベスト) 6位入賞
◎200m
⇒石井 宗次郎(1C1a) 予選 25秒88(自己ベスト)
◎800m
⇒首藤 蓮太郎(1C1a) 予選 2分12秒05
◎走幅跳
⇒志村 伊武季(1C1a) 決勝 6m40㎝ 優勝
◎砲丸投
⇒豊田 翼(1C1a) 決勝 8m74㎝ 5位入賞
◎女子 100m
⇒濵中茉緒(1C2b)
予選 13秒89/準決勝 13秒81(自己ベスト)
◎女子 走幅跳
⇒濵中茉緒(1C2b)
決勝 4m83(自己ベスト) 5位入賞
≪2年生大会≫
◎100m
⇒黒坂文弥(2C2) 3位入賞
予選 11秒16/決勝 11秒04(自己ベストタイ)
⇒清水健太(2C2) 予選 12秒13(自己ベスト)
◎400m
⇒石田 操(2C2) 3位入賞
予選 52秒78/決勝 51秒72(自己ベスト)
⇒古家徳真(2C2) 予選 51秒79
≪3年生大会≫
◎100m
⇒塚田海斗(3C2)
予選 11秒27/決勝 11秒39
⇒鶴丸力都(3C2)
予選 11秒15/決勝 11秒07 3位入賞
≪2・3年生共通種目≫
◎走幅跳
⇒篠原健志(2C2) 決勝 6m05㎝
⇒吉田 輝(2C2) 決勝 6m53㎝ 2位入賞
⇒大城 彰之守(3C2) 決勝 5m97㎝
⇒平井 快(3C2) 決勝 6m32㎝ 4位入賞
≪全学年共通≫
◎走高跳
⇒千葉智之(2C2)
決勝 1m85㎝(自己ベスト) 優勝
◎円盤投
⇒豊田 翼(1C1a)
決勝 27m37㎝(自己ベスト) 優勝
◎4X100m 43秒89
①石田 操(2C2) ②志村 伊武季(1C1a)
③黒坂文弥(2C2) ④古家徳真(2C2)
◎4X400m 3分34秒63 6位入賞
①石井 宗次郎(1C1a) ②野口幸聖(2C2)
③石田 操(2C2) ④首藤 蓮太郎(1C1a)



6月24日・25日に学年別陸上競技大会が世田 谷運動場砧陸上競技場で行われ、本校からは17名 の選手が出場しました。日頃の練習の成果を十二 分に発揮し、9名の選手が入賞することができまし た。その中でも、1年生の志村(100m・走幅跳)、豊 田(砲丸投・円盤投)濱中(女子100m・女子走幅 跳)は自己ベストを更新し、今後も成長が楽しみな 選手です。特に濱中は、前回大会から自己ベストの 更新を続け、専門種目は走幅跳ながらも今回女子 100mに出場し、準決勝進出を果たしました。さら にスピードを強化することで、走幅跳では5m超え の記録や三段跳での活躍も期待される選手です。 1年生大会において入賞した選手に関しては、7月 9日・10日に行われる東京都高等学校陸上競技1 年生大会に出場します。また、3年生は次回の東京 都選抜大会が最後の大会になります。有終の美が 飾れるように懸命に大会に挑みますので、応援し ていただきますよう、よろしくお願いします。

category