クラブブログ
堀越高等学校100周年
部活動一覧
2020年9月27日
陸上競技部 新人戦(都大会)

陸上競技部

9/25(金)〜27(日)に駒沢オリンピック公園陸上競技場にて、新人戦(都大会)か行われました。


雨風が強く寒さを感じるコンディションでしたが、部員一丸となり関東大会進出を目指して試合に臨みました。


結果は以下の通りです。


男子100m 準決勝敗退(自己ベスト)


男子200m 予選敗退


男子4×100mリレー 予選敗退


男子4×400mリレー 予選敗退


男子走幅跳 予選敗退


男子走高跳 予選敗退


男子三段跳 決勝進出 第7位(自己ベスト)


他校選手との差を肌で感じ、筋力面、技術面、コンディション調整面などで課題が明確になりました。


上記の中でも特に男子4×100mリレーでは、決勝進出まであと100分の4秒と悔しさの残る結果となりました。


この結果を受けて部員一同これからの練習により一層励み、来週の世田谷区大蔵運動場陸上競技場で行われる秋季競技会に向け調整していきます。


堀越高校陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生の方は、是非セレクションにお越しください。( 過去のブログ参照 https://www.horikoshigakuen.ed.jp/?p=2823 )


堀越高校で心身ともに成長させながら、一緒に関東大会や全国大会を目指しましょう!

2020年9月13日
陸上競技部 新人戦(支部大会)

陸上競技部

9/6(日),13(日)に、世田谷区大蔵運動場陸上競技場で新人戦の支部大会(第4支部)が行われました。


各種目3名までエントリーが可能で、上位8位までが都大会に進出でき、その先は関東大会まで続く新人戦です。


結果は、


男子100m 優勝、第8位 (都大会進出2名)


男子200m 第7位 (都大会進出1名)


男子4×100mリレー 優勝 (都大会進出)


男子4×400mリレー 第4位 (都大会進出)


男子三段跳 第3位 (都大会進出1名)


男子走高跳 第2位 (都大会進出1名)


男子走幅跳 第5位、第8位 (都大会進出2名)


でした。


都大会は、9/25(金),26(土),27(日)に駒沢公園陸上競技場で行われます。


関東大会進出を目指して、部員一同、切磋琢磨して練習に励みます。


堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生のみなさん。ぜひセレクションに参加してみてください。詳細は8月5日の投稿をご参考ください。これまで多くのセレクションの問い合わせをいただいています。まだまだみなさんのご参加をお待ちしています。

2020年9月6日
陸上競技部 東京都高校生区部④夏季競技会

陸上競技部

8/23(日)に支部の記録会が世田谷区大蔵運動場陸上競技場で行われました。


1年生から3年生(有志)まで、全部員が日頃の練習の成果を出すべく出場しました。


ここでは、その中から主だった結果をご紹介します。


男子100m 優勝


男子走高跳 優勝


男子走幅跳 優勝


男子4×100mリレー 優勝


男子4×400mリレー 準優勝


悪天候でしたが、多くの部員が自己ベストを出しました。


特に男子100mに出場した3年生の小島は、10"65(追風0.9m)の自己ベストを記録しました。


この結果、10月に広島で行われる全国高等学校陸上競技大会2020の参加標準記録を突破することができました!


今後も新人戦、秋季記録会と試合が続きます。


全天候型400mトラックがある本校で陸上競技をしたい中学3年生のみなさん、ぜひセレクションに参加をしてください。お待ちしています。

2020年8月14日
第83回東京陸上競技選手権大会

陸上競技部

7/23〜26に第83回東京陸上競技選手権大会が駒沢陸上競技場で行われました。


今季初となったこの大会には、昨年度までの記録が参加標準記録を突破している、以下の種目に出場しました。


男子一般100m


男子一般200m


男子高校400m


男子高校走幅跳


男子高校三段跳(怪我のため棄権)


男子一般4×100mリレー


男子一般4×400mリレー


以上7種目。


結果は、


大学生や実業団のランナーが主に出場する男子一般100mにおいて、自己ベストタイの記録を出して高校生で唯一となる準決勝への進出を果たしました。


ニュースでも取り上げられていましたが、予選では、2016年リオオリンピック銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手と同じ組となりました。


ケンブリッジ飛鳥選手と同じ組で力走


100mと同じく一般枠に出場した200mでは、実力のある大学生や実業団選手が参加する中、善戦しました。


大学生とも互角に走りました


男子高校400mは全体9位となり、決勝進出まであと僅かでした。


チームを牽引するキャプテンの力走


男子高校走幅跳では、自己ベストに近い記録を出して決勝に進出し、見事5位入賞を果たしました。


思わしくないコンディションの中、健闘しました


男子一般4×100mリレーでは、1,2年生での新チームで出場し、順当にバトンをつなぎ、8位入賞となりました。


新チームのデビュー戦


男子一般4×400mリレーでは、3年生のみでオーダーを組み、各メンバーが自己ベストラップの好走をして2位入賞を果たしました。


マイル(4×400m)リレーメンバー


新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、照りつける日差しが強かったり急に大雨が降ったりと、厳しいコンディションでしたが、選手たちは休校中も絶やさなかった練習の成果を出しました。


次回は8/23に開催される夏季競技会に出場します。


現在は新人戦に向けて、新型コロナウイルスと熱中症に十分気をつけながら練習に励んでいます。


堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生の方は、是非一度セレクションにご参加ください。詳細は前回のブログをご確認ください。皆さんのご参加をお待ちしております。

2020年8月5日
陸上競技部セレクションのお知らせ

陸上競技部

本校の陸上競技部は体育コース生のみが入部できます。体育コースへの受験希望者を対象にセレクションを行っています。セレクションへの参加を希望する受験生は下記のファイルをダウンロードして必要事項を記入の上、「セレクション記入用紙」をメール添付またはFAXにてご送付ください。また、「参加同意書」は参加当日にご提出ください。


※セレクション期間 8/9(日)~11/29(日)



TOP
堀越高校100周年
クラブブログ
2020年9月27日
陸上競技部 新人戦(都大会): 陸上競技部

9/25(金)〜27(日)に駒沢オリンピック公園陸上競技場にて、新人戦(都大会)か行われました。


雨風が強く寒さを感じるコンディションでしたが、部員一丸となり関東大会進出を目指して試合に臨みました。


結果は以下の通りです。


男子100m 準決勝敗退(自己ベスト)


男子200m 予選敗退


男子4×100mリレー 予選敗退


男子4×400mリレー 予選敗退


男子走幅跳 予選敗退


男子走高跳 予選敗退


男子三段跳 決勝進出 第7位(自己ベスト)


他校選手との差を肌で感じ、筋力面、技術面、コンディション調整面などで課題が明確になりました。


上記の中でも特に男子4×100mリレーでは、決勝進出まであと100分の4秒と悔しさの残る結果となりました。


この結果を受けて部員一同これからの練習により一層励み、来週の世田谷区大蔵運動場陸上競技場で行われる秋季競技会に向け調整していきます。


堀越高校陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生の方は、是非セレクションにお越しください。( 過去のブログ参照 https://www.horikoshigakuen.ed.jp/?p=2823 )


堀越高校で心身ともに成長させながら、一緒に関東大会や全国大会を目指しましょう!

2020年9月13日
陸上競技部 新人戦(支部大会): 陸上競技部

9/6(日),13(日)に、世田谷区大蔵運動場陸上競技場で新人戦の支部大会(第4支部)が行われました。


各種目3名までエントリーが可能で、上位8位までが都大会に進出でき、その先は関東大会まで続く新人戦です。


結果は、


男子100m 優勝、第8位 (都大会進出2名)


男子200m 第7位 (都大会進出1名)


男子4×100mリレー 優勝 (都大会進出)


男子4×400mリレー 第4位 (都大会進出)


男子三段跳 第3位 (都大会進出1名)


男子走高跳 第2位 (都大会進出1名)


男子走幅跳 第5位、第8位 (都大会進出2名)


でした。


都大会は、9/25(金),26(土),27(日)に駒沢公園陸上競技場で行われます。


関東大会進出を目指して、部員一同、切磋琢磨して練習に励みます。


堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生のみなさん。ぜひセレクションに参加してみてください。詳細は8月5日の投稿をご参考ください。これまで多くのセレクションの問い合わせをいただいています。まだまだみなさんのご参加をお待ちしています。

2020年9月6日
陸上競技部 東京都高校生区部④夏季競技会: 陸上競技部

8/23(日)に支部の記録会が世田谷区大蔵運動場陸上競技場で行われました。


1年生から3年生(有志)まで、全部員が日頃の練習の成果を出すべく出場しました。


ここでは、その中から主だった結果をご紹介します。


男子100m 優勝


男子走高跳 優勝


男子走幅跳 優勝


男子4×100mリレー 優勝


男子4×400mリレー 準優勝


悪天候でしたが、多くの部員が自己ベストを出しました。


特に男子100mに出場した3年生の小島は、10"65(追風0.9m)の自己ベストを記録しました。


この結果、10月に広島で行われる全国高等学校陸上競技大会2020の参加標準記録を突破することができました!


今後も新人戦、秋季記録会と試合が続きます。


全天候型400mトラックがある本校で陸上競技をしたい中学3年生のみなさん、ぜひセレクションに参加をしてください。お待ちしています。

2020年8月14日
第83回東京陸上競技選手権大会: 陸上競技部

7/23〜26に第83回東京陸上競技選手権大会が駒沢陸上競技場で行われました。


今季初となったこの大会には、昨年度までの記録が参加標準記録を突破している、以下の種目に出場しました。


男子一般100m


男子一般200m


男子高校400m


男子高校走幅跳


男子高校三段跳(怪我のため棄権)


男子一般4×100mリレー


男子一般4×400mリレー


以上7種目。


結果は、


大学生や実業団のランナーが主に出場する男子一般100mにおいて、自己ベストタイの記録を出して高校生で唯一となる準決勝への進出を果たしました。


ニュースでも取り上げられていましたが、予選では、2016年リオオリンピック銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手と同じ組となりました。


ケンブリッジ飛鳥選手と同じ組で力走


100mと同じく一般枠に出場した200mでは、実力のある大学生や実業団選手が参加する中、善戦しました。


大学生とも互角に走りました


男子高校400mは全体9位となり、決勝進出まであと僅かでした。


チームを牽引するキャプテンの力走


男子高校走幅跳では、自己ベストに近い記録を出して決勝に進出し、見事5位入賞を果たしました。


思わしくないコンディションの中、健闘しました


男子一般4×100mリレーでは、1,2年生での新チームで出場し、順当にバトンをつなぎ、8位入賞となりました。


新チームのデビュー戦


男子一般4×400mリレーでは、3年生のみでオーダーを組み、各メンバーが自己ベストラップの好走をして2位入賞を果たしました。


マイル(4×400m)リレーメンバー


新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、照りつける日差しが強かったり急に大雨が降ったりと、厳しいコンディションでしたが、選手たちは休校中も絶やさなかった練習の成果を出しました。


次回は8/23に開催される夏季競技会に出場します。


現在は新人戦に向けて、新型コロナウイルスと熱中症に十分気をつけながら練習に励んでいます。


堀越高校の陸上競技部に興味をお持ちの中学3年生の方は、是非一度セレクションにご参加ください。詳細は前回のブログをご確認ください。皆さんのご参加をお待ちしております。

2020年8月5日
陸上競技部セレクションのお知らせ: 陸上競技部

本校の陸上競技部は体育コース生のみが入部できます。体育コースへの受験希望者を対象にセレクションを行っています。セレクションへの参加を希望する受験生は下記のファイルをダウンロードして必要事項を記入の上、「セレクション記入用紙」をメール添付またはFAXにてご送付ください。また、「参加同意書」は参加当日にご提出ください。


※セレクション期間 8/9(日)~11/29(日)



TOP
category-info3