堀越高等学校100周年
部活動記録
部活動
2022/08/10

ダンス部

第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸

大会名:第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸

日 時:8月10日(水)~8月14日(日)

会 場:神戸文化ホール(大ホール)

8月10日(水)~14日(日)に兵庫県神戸市で行われた、第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸に参加しました。参加校78校中、予選を通過し、その結果特別賞(クロスカルチャーへの新しい挑戦)を受賞することができました。(全国ベスト8)作品に対して皆が熱い気持ちで取り組むことができ、とても充実した4泊5日になりました。今後は11月に行われる全国大会に向けて、今まで以上 に熱い気持ちで練習に取り組み、頂点に立てるよ うに部員一同精一杯頑張ります。
今回の作品は9月3日(土) 15:00よりNHK E テレにて放映されました。

2022/08/10

吹奏楽部

第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール

大会名:第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール

日 時:8月10日(水)

会 場:府中の森芸術劇場 どりーむホール

A組(44 名)
課題曲Ⅱ マーチ「ブルー・スプリング」鈴木雅史
自由曲 巨人の肩にのって P.グレイアム

8月10日(水)府中の森芸術劇場どりーむホールにて行われた「第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール」A 組に44名で出場し、「金賞」を受賞しました。今回の経験を糧にして部員一同今後も励んでいきます。

2022/08/02

卓球部 

地区別卓球大会

大会名:地区別卓球大会

日 時:8月2日(火)

会 場:葛飾区総合スポーツセンター体育館

2回戦
堀越 3‐1 駒場学園

3回戦
堀越 2‐3 駒場東邦

2年生が中心となる初めての公式戦でした。3球目攻撃では、ドライブの精度を上げていくよう練習に取り組んでいましたが、本番では緊張もあったのか、ミスが多くなり失点が目立ってしまいました。
しかし、団体戦で勝ち抜く上で欠かせないダブルスで、両試合とも1本とることができたのは良かったです。個々の技術を今後も上げていき、簡単に負けないチームを目指していきます。

2022/07/25

軟式野球部

第67回全国高等学校軟式野球選手権大会 3回戦

大会名:第67回全国高等学校軟式野球選手権大会3回戦

日 時:7月25日(月)

会 場:上井草スポーツセンター野球場

2回に6番岡本(3A5)がライトへの3塁打で出塁し、内野ゴロの間に生還。1点を先制するも、8回に逆転を許し、迎えた9回表。5番藤野(2A7)の左 中間への本塁打で同点とし、延長戦へ。
延長10回、1死満塁とし、4番大村(3A5)がセンター前にヒットを放ち、逆転。5対4とする。
10回裏、1死3塁と同点のピンチに、マウンドには伊豆田(3A4)。3ボール1ストライクからの5球目にスクイズを仕掛けられるもピッチャーライナーに。 そのまま飛び出したランナーをアウトにし、試合終了かと思われたが、打球を落球。ランナーも生還し、 同点に追いつかれる。
11回裏、2死2・3塁からレフト前にサヨナラヒットを打たれ、試合終了。
※関東大会での借りを返すべく、夏は優勝して全国大会に出場することを目標に挑みましたが、上記の結果に悔しさしか残りませんでした。学年が上がる毎に成長し、また、関東大会を経てさらに成長を遂げた3年生は、歴代にその名を残す素晴らしい学年でした。勝ち試合を落とした悔しさは今も拭えませんが、3年間よく頑張りました。とても良い学年でした。

2022/07/25

硬式野球部

第104回全国高等学校野球選手権大会

大会名:第104回全国高等学校野球選手権大会

東東京大会 準々決勝

日 時:7月25日(月)

会 場:神宮球場

※7回コールド負け

投手 佐藤虎ノ介(3年) 加藤 宇(3年)
捕手 富田直輝(3年)

準々決勝の相手は第3シードの帝京高校。ここまで全試合をコールドで勝ち上がってくるなど、強力打線が武器のチームである。
本校の先発は前試合を完封した佐藤虎ノ介(3年)。帝京高校の強力打線に対して、初回のピンチを1点に抑えるなど粘り強く投球したが、3回にミスも絡み2点目を与えたところで、加藤宇(3年)と交代。 加藤宇は自己最速の146キロを記録する気迫の投球で5番打者から三振を奪ったが、6番打者に投じたインコースが死球となり押し出し。さらに7番打者に満塁本塁打を浴び、その差を7点とされた。 しかし、加藤はここで崩れることはなく、その後は帝京打線に得点を許さず、4・5・6回を0点に抑えた。
攻撃面では、相手先発投手に4回まで無安打に抑えられていたが、5回に3年生が意地を見せ、佐藤輝飛(3年)・富田直輝(3年)の連打から無死満塁のチャンスを作る。しかし、この場面を相手投手に抑え込まれると、6回7回と小刻みに投手交代で目先を変えられてしまい、チャンスを作るものの得点が できず、0-7の7回コールドで敗れた。
コロナ禍で、万全とはいえない状況であったが、 準々決勝まで戦い抜いた選手たちを讃えたい。
このような状況下でも様々な方々のご協力があり最後まで戦い抜くことができました。ありがとうございました。

TOP
堀越高校100周年
部活動記録
2022/08/10

ダンス部

第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸

大会名:第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸

日 時:8月10日(水)~8月14日(日)

会 場:神戸文化ホール(大ホール)

8月10日(水)~14日(日)に兵庫県神戸市で行われた、第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸に参加しました。参加校78校中、予選を通過し、その結果特別賞(クロスカルチャーへの新しい挑戦)を受賞することができました。(全国ベスト8)作品に対して皆が熱い気持ちで取り組むことができ、とても充実した4泊5日になりました。今後は11月に行われる全国大会に向けて、今まで以上 に熱い気持ちで練習に取り組み、頂点に立てるよ うに部員一同精一杯頑張ります。
今回の作品は9月3日(土) 15:00よりNHK E テレにて放映されました。

2022/08/10

吹奏楽部

第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール

大会名:第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール

日 時:8月10日(水)

会 場:府中の森芸術劇場 どりーむホール

A組(44 名)
課題曲Ⅱ マーチ「ブルー・スプリング」鈴木雅史
自由曲 巨人の肩にのって P.グレイアム

8月10日(水)府中の森芸術劇場どりーむホールにて行われた「第62回東京都高等学校吹奏楽コンクール」A 組に44名で出場し、「金賞」を受賞しました。今回の経験を糧にして部員一同今後も励んでいきます。

2022/08/02

卓球部 

地区別卓球大会

大会名:地区別卓球大会

日 時:8月2日(火)

会 場:葛飾区総合スポーツセンター体育館

2回戦
堀越 3‐1 駒場学園

3回戦
堀越 2‐3 駒場東邦

2年生が中心となる初めての公式戦でした。3球目攻撃では、ドライブの精度を上げていくよう練習に取り組んでいましたが、本番では緊張もあったのか、ミスが多くなり失点が目立ってしまいました。
しかし、団体戦で勝ち抜く上で欠かせないダブルスで、両試合とも1本とることができたのは良かったです。個々の技術を今後も上げていき、簡単に負けないチームを目指していきます。

2022/07/25

軟式野球部

第67回全国高等学校軟式野球選手権大会 3回戦

大会名:第67回全国高等学校軟式野球選手権大会3回戦

日 時:7月25日(月)

会 場:上井草スポーツセンター野球場

2回に6番岡本(3A5)がライトへの3塁打で出塁し、内野ゴロの間に生還。1点を先制するも、8回に逆転を許し、迎えた9回表。5番藤野(2A7)の左 中間への本塁打で同点とし、延長戦へ。
延長10回、1死満塁とし、4番大村(3A5)がセンター前にヒットを放ち、逆転。5対4とする。
10回裏、1死3塁と同点のピンチに、マウンドには伊豆田(3A4)。3ボール1ストライクからの5球目にスクイズを仕掛けられるもピッチャーライナーに。 そのまま飛び出したランナーをアウトにし、試合終了かと思われたが、打球を落球。ランナーも生還し、 同点に追いつかれる。
11回裏、2死2・3塁からレフト前にサヨナラヒットを打たれ、試合終了。
※関東大会での借りを返すべく、夏は優勝して全国大会に出場することを目標に挑みましたが、上記の結果に悔しさしか残りませんでした。学年が上がる毎に成長し、また、関東大会を経てさらに成長を遂げた3年生は、歴代にその名を残す素晴らしい学年でした。勝ち試合を落とした悔しさは今も拭えませんが、3年間よく頑張りました。とても良い学年でした。

2022/07/25

硬式野球部

第104回全国高等学校野球選手権大会

大会名:第104回全国高等学校野球選手権大会

東東京大会 準々決勝

日 時:7月25日(月)

会 場:神宮球場

※7回コールド負け

投手 佐藤虎ノ介(3年) 加藤 宇(3年)
捕手 富田直輝(3年)

準々決勝の相手は第3シードの帝京高校。ここまで全試合をコールドで勝ち上がってくるなど、強力打線が武器のチームである。
本校の先発は前試合を完封した佐藤虎ノ介(3年)。帝京高校の強力打線に対して、初回のピンチを1点に抑えるなど粘り強く投球したが、3回にミスも絡み2点目を与えたところで、加藤宇(3年)と交代。 加藤宇は自己最速の146キロを記録する気迫の投球で5番打者から三振を奪ったが、6番打者に投じたインコースが死球となり押し出し。さらに7番打者に満塁本塁打を浴び、その差を7点とされた。 しかし、加藤はここで崩れることはなく、その後は帝京打線に得点を許さず、4・5・6回を0点に抑えた。
攻撃面では、相手先発投手に4回まで無安打に抑えられていたが、5回に3年生が意地を見せ、佐藤輝飛(3年)・富田直輝(3年)の連打から無死満塁のチャンスを作る。しかし、この場面を相手投手に抑え込まれると、6回7回と小刻みに投手交代で目先を変えられてしまい、チャンスを作るものの得点が できず、0-7の7回コールドで敗れた。
コロナ禍で、万全とはいえない状況であったが、 準々決勝まで戦い抜いた選手たちを讃えたい。
このような状況下でも様々な方々のご協力があり最後まで戦い抜くことができました。ありがとうございました。

TOP
category-info2