堀越高等学校
k

【部活動記録】

令和5年度全国高校サッカー選手権大会 東京都二次予選 準決勝

2023年11月05日

大会名:令和5年度全国高校サッカー選手権大会 東京都二次予選 準決勝
日  時:11月5日(日) 11:00キックオフ
会  場:味の素フィールド西が丘

堀越 2-1 日大三

 準決勝の舞台は東京都高校サッカーの聖地である味の素フィールド西が丘。多くの先生方や生徒に応援に駆けつけていただき、吹奏楽部の演奏やダンス部のパフォーマンスを中心に作り出された最高の雰囲気の中、試合は行われた。

準決勝から不慣れな天然芝のピッチということもあり立ち上がりはお互いに慎重な入りとなった。迎えた6分にゴール前絶好の位置でフリーキックを得る。МF仲谷俊(2C2a)が直接狙ったキックは壁を越えて直接ゴールに吸い込まれ、先制に成功する。12分には相手ロングスローからの攻撃を防いでそのままカウンターにつなげ、最後はFW中村健太(3C3)がGKとの1対1を落ち着いて決めて追加点。優位に試合を進めていたが、前半終盤から日大三高に主導権を少しずつ握られていく。しかし、そのまま得点を奪われることなく前半を終える。

ハーフタイムで守備の修正を話し合い後半を迎えた。

しかし後半も日大三高に押し込まれる。ついに後半17分に相手ロングスローから押し込まれ1点差に詰め寄られてしまう。そこからは相手の圧や会場の雰囲気にも呑まれつつあり、防戦一方となる。

多くのピンチを迎えたがDF森奏(2C2a)を中心に集中した守りで追加点を与えず試合終了。苦しみながらも決勝進出を果たした。

次戦は11/11(土)13:15k.o味の素フィールド西が丘で全国大会出場をかけて修徳高校と対戦する。

令和5年度第3回東京都高等学校新人テニス大会(団体の部)

2023年11月03日

大会名:令和5年度第3回東京都高等学校新人テニス大会(団体の部)
日  時:11月3日(金)、4日(土)
会  場:都立高島高等学校、小金井公園

出場選手

井出亜門(2A5)、反町淳之助、溝口昌幸(2A6)、

小谷勝太郎、髙橋遼太、村松怜央(2A7)、北川 憩、

永沼海翔(2A8)、小泉蒼太(1A3)

2回戦:桜修館高等学校 w.o.

3回戦:保谷高等学校 3-2

     (S1溝口、S2井出、S3小泉、D1村松・北川、D2反町・永沼)

4回戦:創価高等学校 1-3

     (S1溝口、S2井出、S3小泉、D1村松・北川、D2反町・永沼)

 普段の練習では、選手たちが互いのプレーに対するアドバイスを交換するなど、コミュニケーションが活発に行われていました。また、多くの部員が大会に向けて代表選手のサポートに尽力しました。出場した選手たちは堂々としており、試合に臨むことができました。試合の序盤に緊張が見られましたが、試合が進むにつれて落ち着きを取り戻し、冷静な判断に基づくプレーが随所に見受けられました。この経験は選手たちにとって貴重なものとなり、次の大会への強い原動力となると確信しています。出場できなかった部員も、次の大会に向けて引き続き練習に励んでいきます。今後とも変わらぬ応援をお願いいたします。

第70回東京都高等学校舞踊研究発表大会創作ダンス発表会

2023年11月03日

      

大会名:第70回東京都高等学校舞踊研究発表大会創作ダンス発表会
日 時:11月3日(金)
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター

11月3日(金)第70回東京都高等学校舞踊研究発表大会に参加しました。結果は優秀賞(2位)を受賞することができました。70回記念式典も行われ、大会の歴史を知ることができてとても充実した大会になりました。悔しい結果になりましたが、11月23日(木)には今年度最後の全国大会があります。生徒皆が目標にしている1位を受賞することを目標に、今後も努力を惜しまず頑張っていきたいと思います。

令和5年度全国高校サッカー選手権大会 東京都二次予選 準々決勝

2023年10月29日

大会名:令和5年度全国高校サッカー選手権大会 東京都二次予選 準々決勝
日  時:10月29日(日) 10:00キックオフ
会  場:堀越学園総合グラウンド

堀越 1-0 駒澤大学高

秋晴れの中で行われた準々決勝の相手は同じT1リーグ所属の駒澤大学高校。

試合は駒大高校のロングボール主体の攻撃に対して堀越はしっかりボールを繋いで攻撃することを試みるが、相手のプレッシャーが強く思うような攻撃を展開することができない。お互いに決定機を迎えるが決めることができずスコアレスで前半を終える。

後半も一進一退の攻防が続く中迎えた後半13分。

МF仲谷俊(2C2a)が蹴ったCKをМF渡辺隼大(2C1a)が頭で合わせて待望の先制点を奪う。その後駒大高校が得点を取り返すべく攻勢を強めるがGK吉富柊人(3C3)の好セーブで得点を許さない。

そのまま試合を終え準決勝進出を決めた。

次戦は11/5(日)11:00k.o味の素フィールド西が丘で日大三高と対戦する。

東京都高等学校バドミントン新人戦Ⅰ部(団体)

2023年10月29日

大会名:東京都高等学校バドミントン新人戦Ⅰ部(団体)
日 時:10月29日(日)
会 場:小平西高校

1回戦 田無工科高等学校 2-3

第1ダブルス

藤野直哉(1A5)・早田 結(1A8) 2-1

第2ダブルス

諏訪駿斗(1A1)・藤野直哉(1A5) 2-1

第1シングルス

塚本健斗(1A6) 0-2

第2シングルス

藤野直哉(1A5) 1―2

第3シングルス

上原隼人(2A2) 1-2

 今大会にはこれまでの反省を活かし、体力面やフットワークを意識したトレーニングを重ねて臨みました。初めは全員緊張していた様子でしたが、試合が進むにつれて緊張がほぐれ、どの試合も2ゲーム目から良い動きをするようになりました。藤野・早田ペアのダブルスでは、まとまった動きができており、良い形で試合を展開することができました。藤野はシングルスで体幹の弱さ、フットワークの不十分さが見え、それぞれの強化が必要だと思います。第1シングルスの塚本は緊張が見られましたが、普段の練習の成果を発揮でき、全力を尽くした試合になりました。本人の悔しそうな様子が見られるので、この試合を糧に活躍してくれることを期待しています。全体的には声を出していて、良い雰囲気で試合展開ができたので、今後の成長を期待します。

category