堀越高等学校100周年
部活動記録
部活動
2022/05/21

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

日  時:5月21日(土)

会  場:東京武道館

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の第三支部予選会が5月14日(土)、15日(日)に開催されました。団体戦は初戦から優勝候補である第1シード校と対戦しました。結果的には敗退しましたが、想像以上に粘り強く戦うことができて練習の成果が確実に身に付いていることを実感しました。代表決定戦では、中堅の二上良成(2A7)が圧倒的な組手からの大内刈りでポイントを取り、団体戦で唯一勝ち星をあげました。

 翌日15日(日)の個人戦では、東京都大会進出を目標に3名の選手が出場しました。66キロ級に出場した田中駿埜(1A7)・二上良成(2A7)の2名は、本来の力を発揮することができず1回戦敗退となりました。60キロ級に出場した小玉泰己(3A7)は1回戦不戦勝。2回戦を勝てば東京都大会進出という大切な一戦でしたが、実力及ばず敗退しました。しかし、代表決定戦では3年間磨いてきた背負い投げがさく裂して見事勝利、東京都大会進出を勝ち取りました。

 5月21日(土)に開催された全国高等学校総合体育大会(インターハイ)東京都予選会には、60キロ級の小玉泰己(3A7)が出場しました。1回戦の相手は3年生ということもあり、お互いの実力が拮抗した大接戦となりました。試合後半、新たに練習して身に付けた左の一本背負いでポイントを取り、焦って前に出てきた相手に得意技の右背負い投げが炸裂し、合わせ技で一本を取りました。2回戦は相手選手と激しい攻防を争う試合となりましたが、残念ながら敗退となりました。試合には負けたものの、1・2回戦ともに練習してきた成果を存分に発揮した良い試合となりました。

 3年生は今大会をもってひとまず引退となります。10月にエキシビションマッチがあるため部活動には参加しますが、今後は1・2年生が主体となります。1・2年生には3年生が築き上げた伝統を引き継ぎ、さらに発展させてほしいと思います。

2022/05/14

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都第三支部予選会

日  時:団体戦:5月14日(土) 個人戦:5月15日(日)

会  場:団体戦:淑徳高校 個人戦:巣鴨高校

◎男子団体戦 

先鋒 小玉泰己(3A7)

次鋒 田中駿埜(1A7)

中堅 二上良成(2A7)

副将 菅野慶輝(2A2)

大将 石橋 潤(2A6)

1回戦 堀越 0-5 杉並工業高校

代表決定戦 堀越 1-4 本郷高校

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退、代表決定戦勝利

→東京都大会進出

66キロ級

田中駿埜(1A7) 1回戦敗退

二上良成(2A7) 1回戦敗退

2019/11/16

柔道部

2019年度東京都第3支部新人柔道大会 

大会名:2019年度東京都第3支部新人柔道大会 
日 時:令和元年11月16・17日(土・日)
会 場:日本大学第二高等学校 柔道場

男子団体の部
1回戦 1-4 国学院久我山
先鋒 馬場大起(2A7)一本負け(抑え込み)
次鋒 佐藤 海(2A2)一本負け(合わせ技)
中堅 庄内谷 颯汰(1A8)一本勝ち(大外刈り)
副将 小糸大輝(1A8)一本負け(袖釣り込み腰)
大将 馬部泰誠(2A7)一本負け(大内刈り)

男子個人無段の部 60㎏級
馬場大起(2A7)
1回戦 一本勝ち(背負い投げ)
2回戦 一本負け(締め技)

男子個人無段の部 66・73㎏級
小糸大輝(1A8)
1回戦 一本負け(大外刈り)
佐藤 海(2A2)
1回戦 一本勝ち(抑え込み)
2回戦 一本勝ち(一本背負い)
準決勝 一本勝ち(一本背負い)
決勝  一本負け(返し技)

男子個人無段の部 100㎏・100㎏超級
庄内谷 颯汰(1A8)
1回戦 一本負け(返し技)

☆結果
馬場大起(2A7) 男子個人無段の部60㎏級   
第5位(ベスト8)
佐藤 海(2A2) 男子個人無段の部66・73㎏級 
第2位(準優勝)

2019/11/10

柔道部

第107回 中野区秋季柔道大会

大会名:第107回 中野区秋季柔道大会
日 時:令和元年11月10日(日)
会 場:中野区立体育館

<男子無段の部>
〇1回戦
佐藤 海(2A2)優勢勝ち(一本背負い)
庄内谷 颯汰(1A8)1本勝ち(大外刈り)
小糸大輝(1A8)1本負け(大内刈り)
〇準決勝
佐藤 海(2A2)優勢勝ち(一本背負い)
庄内谷 颯汰(1A8)1本勝ち(大外刈り)
〇決勝
佐藤 海(2A2)- ○庄内谷 颯汰(1A8) 
1本勝ち(大外刈り)
☆男子無段の部 結果
優勝 庄内谷 颯汰(1A8)
準優勝 佐藤 海(2A2)

<男子初段の部>
〇1回戦
馬部泰誠(2A7)不戦勝
〇2回戦
馬部泰誠(2A7)一本負け(払い腰)

今大会は高校生だけでなく一般の選手も参加可能な為、勝ち上がるのはきわめて困難だったが、男子無段の部決勝には佐藤 海(2A2)と庄内谷 颯汰(1A8)が勝ち上がり同門対決となった。結果は庄内谷 颯汰(1A8)が試合後半に大外刈りで一本勝ち。全試合オール一本勝ちの圧倒的な強さで優勝を果たした。

2019/09/23

柔道部

東京都学年別柔道大会 男子団体(3人制)

大会名:東京都学年別柔道大会 男子団体(3人制)
日 時:令和元年9月23日(月)
会 場:講道館

男子団体 (2学年 男子団体)
1回戦 0-3 世田谷学園
先鋒 馬場(2A7)  一本負け(足払い)
中堅 馬部(2A7)  一本負け(内股)
大将 佐藤(2A2)  一本負け(払い腰)

TOP
堀越高校100周年
部活動記録
2022/05/21

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都予選会(個人戦)

日  時:5月21日(土)

会  場:東京武道館

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の第三支部予選会が5月14日(土)、15日(日)に開催されました。団体戦は初戦から優勝候補である第1シード校と対戦しました。結果的には敗退しましたが、想像以上に粘り強く戦うことができて練習の成果が確実に身に付いていることを実感しました。代表決定戦では、中堅の二上良成(2A7)が圧倒的な組手からの大内刈りでポイントを取り、団体戦で唯一勝ち星をあげました。

 翌日15日(日)の個人戦では、東京都大会進出を目標に3名の選手が出場しました。66キロ級に出場した田中駿埜(1A7)・二上良成(2A7)の2名は、本来の力を発揮することができず1回戦敗退となりました。60キロ級に出場した小玉泰己(3A7)は1回戦不戦勝。2回戦を勝てば東京都大会進出という大切な一戦でしたが、実力及ばず敗退しました。しかし、代表決定戦では3年間磨いてきた背負い投げがさく裂して見事勝利、東京都大会進出を勝ち取りました。

 5月21日(土)に開催された全国高等学校総合体育大会(インターハイ)東京都予選会には、60キロ級の小玉泰己(3A7)が出場しました。1回戦の相手は3年生ということもあり、お互いの実力が拮抗した大接戦となりました。試合後半、新たに練習して身に付けた左の一本背負いでポイントを取り、焦って前に出てきた相手に得意技の右背負い投げが炸裂し、合わせ技で一本を取りました。2回戦は相手選手と激しい攻防を争う試合となりましたが、残念ながら敗退となりました。試合には負けたものの、1・2回戦ともに練習してきた成果を存分に発揮した良い試合となりました。

 3年生は今大会をもってひとまず引退となります。10月にエキシビションマッチがあるため部活動には参加しますが、今後は1・2年生が主体となります。1・2年生には3年生が築き上げた伝統を引き継ぎ、さらに発展させてほしいと思います。

2022/05/14

柔道部

第71回全国高等学校総合体育大会柔道競

大会名:第71回全国高等学校総合体育大会柔道競技大会東京都第三支部予選会

日  時:団体戦:5月14日(土) 個人戦:5月15日(日)

会  場:団体戦:淑徳高校 個人戦:巣鴨高校

◎男子団体戦 

先鋒 小玉泰己(3A7)

次鋒 田中駿埜(1A7)

中堅 二上良成(2A7)

副将 菅野慶輝(2A2)

大将 石橋 潤(2A6)

1回戦 堀越 0-5 杉並工業高校

代表決定戦 堀越 1-4 本郷高校

◎男子個人戦

60キロ級

小玉泰己(3A7) 2回戦敗退、代表決定戦勝利

→東京都大会進出

66キロ級

田中駿埜(1A7) 1回戦敗退

二上良成(2A7) 1回戦敗退

2019/11/16

柔道部

2019年度東京都第3支部新人柔道大会 

大会名:2019年度東京都第3支部新人柔道大会 
日 時:令和元年11月16・17日(土・日)
会 場:日本大学第二高等学校 柔道場

男子団体の部
1回戦 1-4 国学院久我山
先鋒 馬場大起(2A7)一本負け(抑え込み)
次鋒 佐藤 海(2A2)一本負け(合わせ技)
中堅 庄内谷 颯汰(1A8)一本勝ち(大外刈り)
副将 小糸大輝(1A8)一本負け(袖釣り込み腰)
大将 馬部泰誠(2A7)一本負け(大内刈り)

男子個人無段の部 60㎏級
馬場大起(2A7)
1回戦 一本勝ち(背負い投げ)
2回戦 一本負け(締め技)

男子個人無段の部 66・73㎏級
小糸大輝(1A8)
1回戦 一本負け(大外刈り)
佐藤 海(2A2)
1回戦 一本勝ち(抑え込み)
2回戦 一本勝ち(一本背負い)
準決勝 一本勝ち(一本背負い)
決勝  一本負け(返し技)

男子個人無段の部 100㎏・100㎏超級
庄内谷 颯汰(1A8)
1回戦 一本負け(返し技)

☆結果
馬場大起(2A7) 男子個人無段の部60㎏級   
第5位(ベスト8)
佐藤 海(2A2) 男子個人無段の部66・73㎏級 
第2位(準優勝)

2019/11/10

柔道部

第107回 中野区秋季柔道大会

大会名:第107回 中野区秋季柔道大会
日 時:令和元年11月10日(日)
会 場:中野区立体育館

<男子無段の部>
〇1回戦
佐藤 海(2A2)優勢勝ち(一本背負い)
庄内谷 颯汰(1A8)1本勝ち(大外刈り)
小糸大輝(1A8)1本負け(大内刈り)
〇準決勝
佐藤 海(2A2)優勢勝ち(一本背負い)
庄内谷 颯汰(1A8)1本勝ち(大外刈り)
〇決勝
佐藤 海(2A2)- ○庄内谷 颯汰(1A8) 
1本勝ち(大外刈り)
☆男子無段の部 結果
優勝 庄内谷 颯汰(1A8)
準優勝 佐藤 海(2A2)

<男子初段の部>
〇1回戦
馬部泰誠(2A7)不戦勝
〇2回戦
馬部泰誠(2A7)一本負け(払い腰)

今大会は高校生だけでなく一般の選手も参加可能な為、勝ち上がるのはきわめて困難だったが、男子無段の部決勝には佐藤 海(2A2)と庄内谷 颯汰(1A8)が勝ち上がり同門対決となった。結果は庄内谷 颯汰(1A8)が試合後半に大外刈りで一本勝ち。全試合オール一本勝ちの圧倒的な強さで優勝を果たした。

2019/09/23

柔道部

東京都学年別柔道大会 男子団体(3人制)

大会名:東京都学年別柔道大会 男子団体(3人制)
日 時:令和元年9月23日(月)
会 場:講道館

男子団体 (2学年 男子団体)
1回戦 0-3 世田谷学園
先鋒 馬場(2A7)  一本負け(足払い)
中堅 馬部(2A7)  一本負け(内股)
大将 佐藤(2A2)  一本負け(払い腰)

TOP
category-info2