堀越高等学校100周年
部活動記録
部活動
2022/05/29

男子バスケットボール部

和4年度 東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選

大会名:令和4年度 東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選

日  時:5月29日(日)・6月5日(日)・12(日)

会  場:開成中学校高等学校・都立東大和高等学校日本大学第三高等学校

1回戦 シード

2回戦

堀越 119 ー 33 板橋有徳

(45 - 5, 26 – 8, 27 – 6, 21 - 14)

3回戦

堀越  90  ー 74 自由学園

(23 – 18, 25 – 23, 22 – 24, 20 - 9)

4回戦

堀越  85  ー 57 目黒学院

(21 – 14, 20 – 8, 26 – 17, 18 – 18)

5回戦

堀越  47  ー 97 日本大第三

(17 – 29, 4 – 21, 9 – 24, 17 – 23)

【出場選手】
4 角田慶一 (3C1)
5 宮野光希 (3C1)
6 岩永愛翔 (3C1)
7 磯﨑稜斗 (3C1)
8 内野 葵 (3C1)
9 米倉 煌 (3C1)
10 須﨑朱月 (3C1)
11 星 恭祐 (3C1)
12 福戸山 空 (3A5)
13 加藤海生 (3A8)
14 髙田玲央 (3A7)
15 向井大和 (2A1)
16 杉山友海 (2C1)
17 石井柚気 (2C1)
18 田中 元 (2A2)
19 高橋伊吹 (1C1b)
20 磯﨑颯斗 (1C1b)
21 河辺 蓮 (1C1b)

【マネージャー】
成澤瑠那 (3A5)
小早川 彩 (3A6)
村松希風 (2A4)


東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選が行われました。

1試合目は、終始流れと勢いを保ちながら無事に勝ち上がることができました。2試合目は、選手主導で試合を行いました。中々、勢いに乗ることができず、苦戦しましたが何とか勝利することができました。3試合目は、個人技とシュート力のあるバランスの良いチームだと事前に分かっていたため、繰り返しスカウティングを行い「予測と準備」を徹底して試合に臨みました。スタートから主導権を奪うために相手のポイントとなる部分を抑えることに成功しました。目黒学院の積極的な攻撃に一時は流れを奪われる時間帯もありましたが、チーム全体が「絶対勝つ」という強い気持ちを切らさなかったことで相手に主導権を与えることなく勝利することができました。4試合目は、公式戦では初のダブルヘッダーでした。相手は東京都4位のチーム、自分たちの力を出し切る準備を行い試合に臨みました。前半は、日本大学第三高校の高さやシュート力など個人力の差を感じましたが、気持ちのあるプレーで必死に食らいつこうと頑張りました。後半は、ポイントを絞り、自分たちのやるべきことをやり切って最後まで闘い抜きました。

 中学生時代活躍していた選手はおらず、入部当初から何かに秀でたものを持っている選手が目立つチームではありませんでしたが、みんなひたむきに努力をし、チーム力を底上げしてくれました。

 コロナ禍の影響を受け、日々の練習なども満足にできず、限られた中での部活動ではありましたが、東京都320校中ベスト32という結果を残してくれました。この結果は間違いなくチームを束ねた3年生の努力と「チームのために」を最後まで貫き通した人の良さが成し得たものです。誰一人チームには欠かせない存在として自分にできることを全うし、最後の引退の日を全員揃って迎えることができて本当に良かったです。本当によく頑張りました。これからも後輩たちへの良きアドバイザーとなってあらゆる場面で活躍し、部活動で得た様々な経験を今後の人生に生かしてもらいたいと思います。

 最後に、無観客試合のために会場に駆けつけて応援することができなかった保護者の皆様。皆様の今までの支えが選手たちの大きな励みとなりました。本当にありがとうございました。今後も、堀越高校男子バスケットボール部を温かく見守って応援していただきますようお願い申し上げます。

2022/04/17

男子バスケットボール部

令和4年度 東京都高等学校男子バスケットボール春季大会兼関東大会東京都予選

大会名:令和4年度 東京都高等学校男子バスケットボール春季大会兼関東大会東京都予選

日  時:4月17日(日)・24日(日)・29(金)

会  場:都立東村山高等学校・都立昭和高等学校

1回戦

堀越  61  ー 50 都立向丘

(29 -  6、11 – 18、14– 14、7 - 12)

2回戦

堀越  92 ー 62 都立昭和

(28 - 3、23 – 20、21 – 19、20 - 20)

3回戦

越  67 ー 68 都立東村山

(18 – 17、15 – 22、21 – 8、13 – 21)

【出場選手】
4 角田慶一 (3C1)
5 宮野光希 (3C1)
6 岩永愛翔 (3C1)
7 磯﨑稜斗 (3C1)
8 内野 葵 (3C1)
9 米倉 煌 (3C1)
10 須﨑朱月 (3C1)
11 星 恭祐 (3C1)
12 福戸山 空 (3A5)
13 加藤海生 (3A8)
14 髙田玲央 (3A7)
15 向井大和 (2A1)
16 杉山友海 (2C1)
17 中野田 星 (2A4)
18 米田悠希 (2A3)
【マネージャー】
成澤瑠那 (3A5) 小早川 彩 (3A6)

春季大会兼関東大会東京都予選が行われました。1回戦目は久しぶりの公式戦ということもあり、始めは動きが硬く、自分たちのプレーができず主導権を奪うことができませんでした。しかし、その状況を岩永の献身的なリバウンドや思い切りのいい攻撃で打開し、チームに勢い付けることができ、何とか勝利することができました。

 2回戦目は、1回戦の課題を改善しようとする気持ちがアップ時点から前面に出ていました。その結果、良いスタートダッシュに成功し、25点リードで第1Qを終えることができました。しかし、その後は相手のプレスディフェンスに苦戦しました。更に大会を通して大会を通して成長している内野がファールアウトし、苦しい状況になりましたが、何とか勝利をすることができました。

 3回戦目は、格上の都立東村山高校との試合に臨みました。立ち上がりから支部選抜に選出されている4番や21番を抑えるのに苦戦し前半をリードされました。後半では、ランニングプレーから得点を重ね一時はリードすることができましたが、一歩及ばず悔しい結果となってしまいました。

 「対応力」や「状況判断」など、課題は多くありますが、一試合毎に成長を感じられる場面も増えてきました。公式戦という貴重な体験を通して、コートに立っている・立っていないにかかわらず、チーム全員が成長していけるように最後まで闘い続けます。

2019/10/20

男子バスケットボール部

新人戦 第4支部大会

大会名:新人戦 第4支部大会
日 時:令和元年10月20日(日)
会 場:武蔵高等学校

1回戦  
堀越 61 - 109 明大中野
(16-39、6-23、16-28、23-19)

[出場選手]
4 田中 遥 (2A7)
5 安曇 真希斗 (2A3)
6 山﨑 純 (2A2)
7 大橋尚輝 (2A1)
8 片桐 秀 (2A1)
9 マナフィニアズィ咲実 (2A7)
10 中西健太 (2A2)
11 奥山直哉 (2A7)
12 岩田大輝 (1C1b)
13 佐藤 ことら (1A8)
14 山﨑優斗 (1A1)
15 小野悠河 (1C1b)
16 齋藤 亘 (1A8)
17 清水海都 (1A9)
18 百瀬友悟 (1A9)
19 菅野将翔 (1A7)
20 高島蒔善 (1A7)
21 洞口慎吾 (1A9)
マネージャー 蝦名彩紗(2A3)

 気持ちを入れてチーム全員で戦うことができました。一人ひとりのバスケットボールに対する考え方や意欲が少しずつ向上し、試合に集中できたと思います。まだまだ力不足ではありますが、今大会の経験や反省を活かし、一つでも多く勝利できるように全員で努力していきますので、どうぞご声援の程よろしくお願いします。

2019/05/19

男子バスケットボール部

東京都総合体育大会 兼 全国総合体育大会東京都予選

大会名:東京都総合体育大会 兼 全国総合体育大会東京都予選
日 時:令和元年5月19日(日)
会 場:都立東大和高校

≪1回戦≫  
堀越 26 - 99 都立東大和高校
(7-37,12-26,6-20,1-16)

<出場選手>
4小嶋茂人(3A3) 11安曇真希斗(2A3)
5伊藤駿佑(3A3) 12マナフィニアズィ咲実(2A7)
6木島 大(3A9) 13山﨑 純(2A2)
7加藤陽太(3A8) 14中西健太(2A2)
8大久保忠孝(3A3)15片桐 秀(2A1)
9田中 遥(2A7) 16奥山直哉(2A7)
10大橋尚樹(2A1)

 対戦相手が格上のため挑戦者として試合に臨みました。前半からオールコートでディフェンスをされ、シュートまでなかなか持っていくことができない状況でした。その中で最後まで諦めずにボールを追い、ディフェンスをすることができました。次の大会から新チームとなり、今回の反省を活かして頑張りたいと思います。

2019/04/21

男子バスケットボール部

東京都高等学校春季大会 兼 関東大会東京都予選

大会名:東京都高等学校春季大会 兼 関東大会東京都予選
日 時:平成31年4月21日(日)
会 場:安田学園高校

≪2回戦≫
堀越 79 - 93 都立江東商業高校
(22-24,15-25,22-17,20-27)

<出場選手>
4小嶋茂人(3A3) 11安曇真希斗(2A3)
5伊藤駿佑(3A3) 12マナフィニアズィ咲実(2A7)
6木島 大(3A9) 13山﨑 純(2A2)
7加藤陽太(3A8) 14中西健太(2A2)
8大久保忠孝(3A3)15片桐 秀(2A1)
9田中 遥(2A7) 16奥山直哉(2A7)
10大橋尚樹(2A1)

 相手は商業大会で優勝を果たしており、3ポイントシュートがとても入るチームでした。1回戦の反省の1つであったオフェンスとディフェンスの切り替えを注意して行い、2ポイントシュートで応戦しましたが、残念ながら負けてしまいました。

TOP
堀越高校100周年
部活動記録
2022/05/29

男子バスケットボール部

和4年度 東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選

大会名:令和4年度 東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選

日  時:5月29日(日)・6月5日(日)・12(日)

会  場:開成中学校高等学校・都立東大和高等学校日本大学第三高等学校

1回戦 シード

2回戦

堀越 119 ー 33 板橋有徳

(45 - 5, 26 – 8, 27 – 6, 21 - 14)

3回戦

堀越  90  ー 74 自由学園

(23 – 18, 25 – 23, 22 – 24, 20 - 9)

4回戦

堀越  85  ー 57 目黒学院

(21 – 14, 20 – 8, 26 – 17, 18 – 18)

5回戦

堀越  47  ー 97 日本大第三

(17 – 29, 4 – 21, 9 – 24, 17 – 23)

【出場選手】
4 角田慶一 (3C1)
5 宮野光希 (3C1)
6 岩永愛翔 (3C1)
7 磯﨑稜斗 (3C1)
8 内野 葵 (3C1)
9 米倉 煌 (3C1)
10 須﨑朱月 (3C1)
11 星 恭祐 (3C1)
12 福戸山 空 (3A5)
13 加藤海生 (3A8)
14 髙田玲央 (3A7)
15 向井大和 (2A1)
16 杉山友海 (2C1)
17 石井柚気 (2C1)
18 田中 元 (2A2)
19 高橋伊吹 (1C1b)
20 磯﨑颯斗 (1C1b)
21 河辺 蓮 (1C1b)

【マネージャー】
成澤瑠那 (3A5)
小早川 彩 (3A6)
村松希風 (2A4)


東京都高等学校総合体育大会兼全国大会東京都予選が行われました。

1試合目は、終始流れと勢いを保ちながら無事に勝ち上がることができました。2試合目は、選手主導で試合を行いました。中々、勢いに乗ることができず、苦戦しましたが何とか勝利することができました。3試合目は、個人技とシュート力のあるバランスの良いチームだと事前に分かっていたため、繰り返しスカウティングを行い「予測と準備」を徹底して試合に臨みました。スタートから主導権を奪うために相手のポイントとなる部分を抑えることに成功しました。目黒学院の積極的な攻撃に一時は流れを奪われる時間帯もありましたが、チーム全体が「絶対勝つ」という強い気持ちを切らさなかったことで相手に主導権を与えることなく勝利することができました。4試合目は、公式戦では初のダブルヘッダーでした。相手は東京都4位のチーム、自分たちの力を出し切る準備を行い試合に臨みました。前半は、日本大学第三高校の高さやシュート力など個人力の差を感じましたが、気持ちのあるプレーで必死に食らいつこうと頑張りました。後半は、ポイントを絞り、自分たちのやるべきことをやり切って最後まで闘い抜きました。

 中学生時代活躍していた選手はおらず、入部当初から何かに秀でたものを持っている選手が目立つチームではありませんでしたが、みんなひたむきに努力をし、チーム力を底上げしてくれました。

 コロナ禍の影響を受け、日々の練習なども満足にできず、限られた中での部活動ではありましたが、東京都320校中ベスト32という結果を残してくれました。この結果は間違いなくチームを束ねた3年生の努力と「チームのために」を最後まで貫き通した人の良さが成し得たものです。誰一人チームには欠かせない存在として自分にできることを全うし、最後の引退の日を全員揃って迎えることができて本当に良かったです。本当によく頑張りました。これからも後輩たちへの良きアドバイザーとなってあらゆる場面で活躍し、部活動で得た様々な経験を今後の人生に生かしてもらいたいと思います。

 最後に、無観客試合のために会場に駆けつけて応援することができなかった保護者の皆様。皆様の今までの支えが選手たちの大きな励みとなりました。本当にありがとうございました。今後も、堀越高校男子バスケットボール部を温かく見守って応援していただきますようお願い申し上げます。

2022/04/17

男子バスケットボール部

令和4年度 東京都高等学校男子バスケットボール春季大会兼関東大会東京都予選

大会名:令和4年度 東京都高等学校男子バスケットボール春季大会兼関東大会東京都予選

日  時:4月17日(日)・24日(日)・29(金)

会  場:都立東村山高等学校・都立昭和高等学校

1回戦

堀越  61  ー 50 都立向丘

(29 -  6、11 – 18、14– 14、7 - 12)

2回戦

堀越  92 ー 62 都立昭和

(28 - 3、23 – 20、21 – 19、20 - 20)

3回戦

越  67 ー 68 都立東村山

(18 – 17、15 – 22、21 – 8、13 – 21)

【出場選手】
4 角田慶一 (3C1)
5 宮野光希 (3C1)
6 岩永愛翔 (3C1)
7 磯﨑稜斗 (3C1)
8 内野 葵 (3C1)
9 米倉 煌 (3C1)
10 須﨑朱月 (3C1)
11 星 恭祐 (3C1)
12 福戸山 空 (3A5)
13 加藤海生 (3A8)
14 髙田玲央 (3A7)
15 向井大和 (2A1)
16 杉山友海 (2C1)
17 中野田 星 (2A4)
18 米田悠希 (2A3)
【マネージャー】
成澤瑠那 (3A5) 小早川 彩 (3A6)

春季大会兼関東大会東京都予選が行われました。1回戦目は久しぶりの公式戦ということもあり、始めは動きが硬く、自分たちのプレーができず主導権を奪うことができませんでした。しかし、その状況を岩永の献身的なリバウンドや思い切りのいい攻撃で打開し、チームに勢い付けることができ、何とか勝利することができました。

 2回戦目は、1回戦の課題を改善しようとする気持ちがアップ時点から前面に出ていました。その結果、良いスタートダッシュに成功し、25点リードで第1Qを終えることができました。しかし、その後は相手のプレスディフェンスに苦戦しました。更に大会を通して大会を通して成長している内野がファールアウトし、苦しい状況になりましたが、何とか勝利をすることができました。

 3回戦目は、格上の都立東村山高校との試合に臨みました。立ち上がりから支部選抜に選出されている4番や21番を抑えるのに苦戦し前半をリードされました。後半では、ランニングプレーから得点を重ね一時はリードすることができましたが、一歩及ばず悔しい結果となってしまいました。

 「対応力」や「状況判断」など、課題は多くありますが、一試合毎に成長を感じられる場面も増えてきました。公式戦という貴重な体験を通して、コートに立っている・立っていないにかかわらず、チーム全員が成長していけるように最後まで闘い続けます。

2019/10/20

男子バスケットボール部

新人戦 第4支部大会

大会名:新人戦 第4支部大会
日 時:令和元年10月20日(日)
会 場:武蔵高等学校

1回戦  
堀越 61 - 109 明大中野
(16-39、6-23、16-28、23-19)

[出場選手]
4 田中 遥 (2A7)
5 安曇 真希斗 (2A3)
6 山﨑 純 (2A2)
7 大橋尚輝 (2A1)
8 片桐 秀 (2A1)
9 マナフィニアズィ咲実 (2A7)
10 中西健太 (2A2)
11 奥山直哉 (2A7)
12 岩田大輝 (1C1b)
13 佐藤 ことら (1A8)
14 山﨑優斗 (1A1)
15 小野悠河 (1C1b)
16 齋藤 亘 (1A8)
17 清水海都 (1A9)
18 百瀬友悟 (1A9)
19 菅野将翔 (1A7)
20 高島蒔善 (1A7)
21 洞口慎吾 (1A9)
マネージャー 蝦名彩紗(2A3)

 気持ちを入れてチーム全員で戦うことができました。一人ひとりのバスケットボールに対する考え方や意欲が少しずつ向上し、試合に集中できたと思います。まだまだ力不足ではありますが、今大会の経験や反省を活かし、一つでも多く勝利できるように全員で努力していきますので、どうぞご声援の程よろしくお願いします。

2019/05/19

男子バスケットボール部

東京都総合体育大会 兼 全国総合体育大会東京都予選

大会名:東京都総合体育大会 兼 全国総合体育大会東京都予選
日 時:令和元年5月19日(日)
会 場:都立東大和高校

≪1回戦≫  
堀越 26 - 99 都立東大和高校
(7-37,12-26,6-20,1-16)

<出場選手>
4小嶋茂人(3A3) 11安曇真希斗(2A3)
5伊藤駿佑(3A3) 12マナフィニアズィ咲実(2A7)
6木島 大(3A9) 13山﨑 純(2A2)
7加藤陽太(3A8) 14中西健太(2A2)
8大久保忠孝(3A3)15片桐 秀(2A1)
9田中 遥(2A7) 16奥山直哉(2A7)
10大橋尚樹(2A1)

 対戦相手が格上のため挑戦者として試合に臨みました。前半からオールコートでディフェンスをされ、シュートまでなかなか持っていくことができない状況でした。その中で最後まで諦めずにボールを追い、ディフェンスをすることができました。次の大会から新チームとなり、今回の反省を活かして頑張りたいと思います。

2019/04/21

男子バスケットボール部

東京都高等学校春季大会 兼 関東大会東京都予選

大会名:東京都高等学校春季大会 兼 関東大会東京都予選
日 時:平成31年4月21日(日)
会 場:安田学園高校

≪2回戦≫
堀越 79 - 93 都立江東商業高校
(22-24,15-25,22-17,20-27)

<出場選手>
4小嶋茂人(3A3) 11安曇真希斗(2A3)
5伊藤駿佑(3A3) 12マナフィニアズィ咲実(2A7)
6木島 大(3A9) 13山﨑 純(2A2)
7加藤陽太(3A8) 14中西健太(2A2)
8大久保忠孝(3A3)15片桐 秀(2A1)
9田中 遥(2A7) 16奥山直哉(2A7)
10大橋尚樹(2A1)

 相手は商業大会で優勝を果たしており、3ポイントシュートがとても入るチームでした。1回戦の反省の1つであったオフェンスとディフェンスの切り替えを注意して行い、2ポイントシュートで応戦しましたが、残念ながら負けてしまいました。

TOP
category-info2