堀越高等学校100周年
部活動記録
部活動
2022/05/29

陸上競技部

第30回世田谷区中学高校競技会

大会名:第30回世田谷区中学高校競技会

日  時:5月29日(日)

会  場:世田谷総合運動公園砧陸上競技場

◎100m

⇒大城彰之守(3C2)11秒61(自己ベスト)

⇒塚田海斗(3C2)11秒33 8位

⇒鶴丸力都(3C2)11秒02 4位

⇒平井 快(3C2)11秒82(自己ベスト)

⇒山本敦士(3C2)11秒84(自己ベスト) 

⇒黒坂文弥(2C2)10秒90(追い風参考記録) 1位

⇒篠原健志(2C2)11秒88(自己ベスト)

⇒吉田 輝(2C2)12秒53

⇒志村 伊武季(1C1a)11秒51(自己ベスト)

⇒豊田 翼(1C1a)12秒83(自己ベスト)

◎200m

⇒石田 操(2C2)23秒91(自己ベスト) 5位

◎400m

⇒古家徳真(2C2)51秒69(自己ベスト) 1位

⇒石井 宗次郎(1C1a)59秒05(自己ベスト)

⇒首藤 蓮太郎(1C1a)55秒35(自己ベスト)

◎走幅跳

⇒大城 彰之守(3C2)6m01㎝ 7位

⇒塚田海斗(3C2)6m49㎝ 1位

⇒平井 快(3C2)6m14㎝ 5位             

⇒山本敦士(3C2)5m67㎝

⇒篠原健志(2C2)5m07㎝

⇒吉田 輝(2C2)6m43㎝ 3位

⇒志村 伊武季(1C1a)6m48㎝(自己ベスト) 2位

⇒濵中茉緒(1C2b)4m76㎝(自己ベスト) 2位

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2)1m82㎝(自己ベスト) 1位

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a)8m04㎝ 4位

◎4×100mリレー

Aチーム 43秒41 1位   

(1)大城 彰之守(3C2) (2)塚田海斗(3C2)

(3)鶴丸力都(3C2)    (4)清水 碧(3C2)

Bチーム 43秒87 2位    

(1)黒坂文弥(2C2) (2)志村 伊武季(1C1a)

(3)石田 操(2C2)  (4)古家徳真(2C2) 

◎4×400mリレー

3分36秒77 1位   

(1)石田 操(2C2)  (2)野口幸聖(2C2)

(3)古家徳真(2C2)  (4)石井 宗次郎(1C1a)

今回の大会では、多くの選手が入賞や自己ベスト更新を果たしました。自分の課題を見つけることができた選手も多く、自信をつけることができ、次につながる経験ができた試合でした。都総体の結果を踏まえた練習の成果が少しずつ結果となって表れるようになりました。1年生の志村は走幅跳を専門種目としていますが、都総体では4×100mリレーの1走を務めた選手です。今回の試合で100mと走幅跳で自己ベストを更新しており、まだまだ記録の向上が期待されます。2年生の古家は今シーズンから400mに転向していますが、持ち前のアグレッシブさと後半までの粘り強い走りを生かして自己ベストを大幅に更新しました。同じく2年生の野口とともに4×400mリレーの主力となる選手です。2年生で走高跳を専門種目としている千葉は、腰に痛みを抱えながらも自己ベストを更新しました。この記録は、今年の都総体において決勝進出に相当する記録でした。腰の痛みにより182cmで競技を終えましたが、今後は190cm以上の記録が期待できる選手です。

2022/05/07

陸上競技部

第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

大会名:第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

日  時:5月7・8・14・15日(土・日)

会  場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

◎100m

⇒鶴丸力都(3C2) 予選11秒43

◎200m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選22秒52(自己ベスト)

              準決勝22秒65

◎4×100mリレー

⇒43秒22

(1)志村伊武季(1C1a)(2)鶴丸力都(3C2)

(3)黒坂文弥(2C2)  (4)塚田海斗(3C2)

◎4×400mリレー

⇒3分30秒08

(1)古家徳真(2C2) (2)石田操(2C2)

(3)鶴丸力都(3C2) (4)塚田海斗(3C2)

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2) 1m80cm

◎走幅跳

⇒塚田海斗(3C2) 6m63㎝

⇒吉田 輝(2C2) 6m51㎝

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a) 7m63㎝

 都総体が駒沢陸上競技場で関係者限定の有観客にて行われました。今回の試合は全国大会に繋がる大事な試合であり、選手はいつも以上に集中力を高めて試合に臨みました。今大会は例年に比べて決勝の記録が低く、関東大会出場へのチャンスが大いにある大会でした。しかし、終わってみれば結果は振るわず、誰一人として関東大会に出場することができませんでした。都大会の雰囲気に吞まれ、支部予選や日々の練習で発揮できていたパフォーマンスができなかったことが敗因です。今後は、多くの試合に出場して試合慣れすることで、緊張する中でも大勝負の舞台でベストパフォーマンスが発揮できるように精神面を強化していくことが課題となります。1・2年生は秋季の新人戦に向けて一人でも多くの選手が上位大会に行けるよう、また、3年生は残り数少ない大会の中で有終の美を飾れるよう、自己ベストの更新を目指して日々の練習に取り組んでいきます。

 6月11日(土)・12日(日)に国士舘大学球陸上競技場にて、国士舘大学競技会が開催され、6月25日(土)・26日(日)に世田谷砧陸上競技場にて第4支部学年別大会が開催されます。今回の悔しさをばねに、部員一同、全力で邁進していきますので、今後とも応援をよろしくお願いします。

2022/04/30

陸上競技部

第85回東京陸上競技選手権大会

大会名:第85回東京陸上競技選手権大会

日  時4月30日(土)

会  場:新国立競技場

◎100m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選11秒43

 少し肌寒さを感じましたが、風は弱く、走りやすいコンディションでした。新国立競技場ということもあり、一般・大学生からも多くの選手が出場し、高校2年生の黒坂にとっては都大会を目前に、良い緊張感の中でレースに臨むことができるチャン

スでした。黒坂のベスト記録(11秒05)が参加標準であり、思い切った走りをしましたが力及びませんでした。黒坂は今回の試合を踏まえて、「後半の走りを強化して自己新記録を追い求めたい」と気持ちを新たにしていました。今後も、応援をよろしくお願いします。

2019/11/04

陸上競技部

令和元年度 東京都高体連陸上競技部 第4支部秋季競技会

大会名:令和元年度 東京都高体連陸上競技部 第4支部秋季競技会
日 時:令和元年 11月4日(月)
会 場:大井ふ頭中央海浜公園 陸上競技場

◎200m
⇒松崎善輝(2C1a)  23秒35
⇒御法川裕一郎(1C2a) 25秒13
⇒蜂谷慧登(1C2a) 24秒47
⇒中村彰吾(1C2a)   24秒45
⇒黒木玲央(1C2a) 24秒10

◎400m
⇒川本敬祐(2C1a) 52秒86
⇒齊藤誠人(1C2a) 55秒40

◎走幅跳
⇒田中祐希(2C1a) 6m60
⇒中村拓海(2C1a) 6m27(自己新記録)
⇒川合唯翔(2C1a) 5m54
⇒蒲田純也(2C1a) 6m23(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 5m97
⇒三井 颯(1C2a) 5m50

◎4×400mR
⇒Aチーム 3分28秒61 第1位
(1) 松崎善輝(2C1a)
(2) 田中祐希(2C1a)
(3) 川本敬祐(2C1a)
(4) 中村拓海(2C1a)

⇒Bチーム 3分44分43 第7位
(1) 齊藤誠人(1C2a)
(2) 村上颯己(1C2a)
(3) 御法川裕一郎(1C2a)
(4) 中村彰吾(1C2a)

2019/10/05

陸上競技部

第5回 国士舘大学記録会

大会名:第5回 国士舘大学記録会
日 時:令和元年 10月5・6日(土・日)
会 場:国士舘大学多摩陸上競技場

◎100m
⇒御法川裕一郎(1C2a) 12秒27(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 12秒08(自己新記録)
⇒三井 颯(1C2a) 12秒21
⇒黒木玲央(1C2a) 12秒02
⇒中村彰吾(1C2a) 11秒99
⇒蜂谷慧登(1C2a) 11秒75
⇒田中祐希(2C1a) 11秒66
⇒松崎善輝(2C1a) 11秒37
⇒川本敬祐(2C1a) 12秒07(自己新記録)

◎200m
⇒御法川裕一郎(1C2a) 25秒20
⇒蜂谷慧登 (1C2a) 23秒80
⇒中村彰吾(1C2a) 24秒16
⇒黒木玲央 (1C2a) 24秒04

◎400m
⇒齊藤誠人(1C2a) 54秒33
⇒川本敬祐(2C1a) 52秒15(自己新記録)

◎走幅跳
⇒田中祐希(2C1a) 6m75(自己新記録)
⇒中村拓海(2C1a) 6m24(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 5m85
⇒川合唯翔(2C1a) 5m56
⇒三井 颯(1C2a) 5m54

◎三段跳
⇒中村拓海(2C1a) 13m13
⇒川合唯翔(2C1a) 12m30

TOP
堀越高校100周年
部活動記録
2022/05/29

陸上競技部

第30回世田谷区中学高校競技会

大会名:第30回世田谷区中学高校競技会

日  時:5月29日(日)

会  場:世田谷総合運動公園砧陸上競技場

◎100m

⇒大城彰之守(3C2)11秒61(自己ベスト)

⇒塚田海斗(3C2)11秒33 8位

⇒鶴丸力都(3C2)11秒02 4位

⇒平井 快(3C2)11秒82(自己ベスト)

⇒山本敦士(3C2)11秒84(自己ベスト) 

⇒黒坂文弥(2C2)10秒90(追い風参考記録) 1位

⇒篠原健志(2C2)11秒88(自己ベスト)

⇒吉田 輝(2C2)12秒53

⇒志村 伊武季(1C1a)11秒51(自己ベスト)

⇒豊田 翼(1C1a)12秒83(自己ベスト)

◎200m

⇒石田 操(2C2)23秒91(自己ベスト) 5位

◎400m

⇒古家徳真(2C2)51秒69(自己ベスト) 1位

⇒石井 宗次郎(1C1a)59秒05(自己ベスト)

⇒首藤 蓮太郎(1C1a)55秒35(自己ベスト)

◎走幅跳

⇒大城 彰之守(3C2)6m01㎝ 7位

⇒塚田海斗(3C2)6m49㎝ 1位

⇒平井 快(3C2)6m14㎝ 5位             

⇒山本敦士(3C2)5m67㎝

⇒篠原健志(2C2)5m07㎝

⇒吉田 輝(2C2)6m43㎝ 3位

⇒志村 伊武季(1C1a)6m48㎝(自己ベスト) 2位

⇒濵中茉緒(1C2b)4m76㎝(自己ベスト) 2位

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2)1m82㎝(自己ベスト) 1位

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a)8m04㎝ 4位

◎4×100mリレー

Aチーム 43秒41 1位   

(1)大城 彰之守(3C2) (2)塚田海斗(3C2)

(3)鶴丸力都(3C2)    (4)清水 碧(3C2)

Bチーム 43秒87 2位    

(1)黒坂文弥(2C2) (2)志村 伊武季(1C1a)

(3)石田 操(2C2)  (4)古家徳真(2C2) 

◎4×400mリレー

3分36秒77 1位   

(1)石田 操(2C2)  (2)野口幸聖(2C2)

(3)古家徳真(2C2)  (4)石井 宗次郎(1C1a)

今回の大会では、多くの選手が入賞や自己ベスト更新を果たしました。自分の課題を見つけることができた選手も多く、自信をつけることができ、次につながる経験ができた試合でした。都総体の結果を踏まえた練習の成果が少しずつ結果となって表れるようになりました。1年生の志村は走幅跳を専門種目としていますが、都総体では4×100mリレーの1走を務めた選手です。今回の試合で100mと走幅跳で自己ベストを更新しており、まだまだ記録の向上が期待されます。2年生の古家は今シーズンから400mに転向していますが、持ち前のアグレッシブさと後半までの粘り強い走りを生かして自己ベストを大幅に更新しました。同じく2年生の野口とともに4×400mリレーの主力となる選手です。2年生で走高跳を専門種目としている千葉は、腰に痛みを抱えながらも自己ベストを更新しました。この記録は、今年の都総体において決勝進出に相当する記録でした。腰の痛みにより182cmで競技を終えましたが、今後は190cm以上の記録が期待できる選手です。

2022/05/07

陸上競技部

第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

大会名:第75回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会

日  時:5月7・8・14・15日(土・日)

会  場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

◎100m

⇒鶴丸力都(3C2) 予選11秒43

◎200m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選22秒52(自己ベスト)

              準決勝22秒65

◎4×100mリレー

⇒43秒22

(1)志村伊武季(1C1a)(2)鶴丸力都(3C2)

(3)黒坂文弥(2C2)  (4)塚田海斗(3C2)

◎4×400mリレー

⇒3分30秒08

(1)古家徳真(2C2) (2)石田操(2C2)

(3)鶴丸力都(3C2) (4)塚田海斗(3C2)

◎走高跳

⇒千葉智之(2C2) 1m80cm

◎走幅跳

⇒塚田海斗(3C2) 6m63㎝

⇒吉田 輝(2C2) 6m51㎝

◎砲丸投

⇒豊田 翼(1C1a) 7m63㎝

 都総体が駒沢陸上競技場で関係者限定の有観客にて行われました。今回の試合は全国大会に繋がる大事な試合であり、選手はいつも以上に集中力を高めて試合に臨みました。今大会は例年に比べて決勝の記録が低く、関東大会出場へのチャンスが大いにある大会でした。しかし、終わってみれば結果は振るわず、誰一人として関東大会に出場することができませんでした。都大会の雰囲気に吞まれ、支部予選や日々の練習で発揮できていたパフォーマンスができなかったことが敗因です。今後は、多くの試合に出場して試合慣れすることで、緊張する中でも大勝負の舞台でベストパフォーマンスが発揮できるように精神面を強化していくことが課題となります。1・2年生は秋季の新人戦に向けて一人でも多くの選手が上位大会に行けるよう、また、3年生は残り数少ない大会の中で有終の美を飾れるよう、自己ベストの更新を目指して日々の練習に取り組んでいきます。

 6月11日(土)・12日(日)に国士舘大学球陸上競技場にて、国士舘大学競技会が開催され、6月25日(土)・26日(日)に世田谷砧陸上競技場にて第4支部学年別大会が開催されます。今回の悔しさをばねに、部員一同、全力で邁進していきますので、今後とも応援をよろしくお願いします。

2022/04/30

陸上競技部

第85回東京陸上競技選手権大会

大会名:第85回東京陸上競技選手権大会

日  時4月30日(土)

会  場:新国立競技場

◎100m

⇒黒坂文弥(2C2) 予選11秒43

 少し肌寒さを感じましたが、風は弱く、走りやすいコンディションでした。新国立競技場ということもあり、一般・大学生からも多くの選手が出場し、高校2年生の黒坂にとっては都大会を目前に、良い緊張感の中でレースに臨むことができるチャン

スでした。黒坂のベスト記録(11秒05)が参加標準であり、思い切った走りをしましたが力及びませんでした。黒坂は今回の試合を踏まえて、「後半の走りを強化して自己新記録を追い求めたい」と気持ちを新たにしていました。今後も、応援をよろしくお願いします。

2019/11/04

陸上競技部

令和元年度 東京都高体連陸上競技部 第4支部秋季競技会

大会名:令和元年度 東京都高体連陸上競技部 第4支部秋季競技会
日 時:令和元年 11月4日(月)
会 場:大井ふ頭中央海浜公園 陸上競技場

◎200m
⇒松崎善輝(2C1a)  23秒35
⇒御法川裕一郎(1C2a) 25秒13
⇒蜂谷慧登(1C2a) 24秒47
⇒中村彰吾(1C2a)   24秒45
⇒黒木玲央(1C2a) 24秒10

◎400m
⇒川本敬祐(2C1a) 52秒86
⇒齊藤誠人(1C2a) 55秒40

◎走幅跳
⇒田中祐希(2C1a) 6m60
⇒中村拓海(2C1a) 6m27(自己新記録)
⇒川合唯翔(2C1a) 5m54
⇒蒲田純也(2C1a) 6m23(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 5m97
⇒三井 颯(1C2a) 5m50

◎4×400mR
⇒Aチーム 3分28秒61 第1位
(1) 松崎善輝(2C1a)
(2) 田中祐希(2C1a)
(3) 川本敬祐(2C1a)
(4) 中村拓海(2C1a)

⇒Bチーム 3分44分43 第7位
(1) 齊藤誠人(1C2a)
(2) 村上颯己(1C2a)
(3) 御法川裕一郎(1C2a)
(4) 中村彰吾(1C2a)

2019/10/05

陸上競技部

第5回 国士舘大学記録会

大会名:第5回 国士舘大学記録会
日 時:令和元年 10月5・6日(土・日)
会 場:国士舘大学多摩陸上競技場

◎100m
⇒御法川裕一郎(1C2a) 12秒27(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 12秒08(自己新記録)
⇒三井 颯(1C2a) 12秒21
⇒黒木玲央(1C2a) 12秒02
⇒中村彰吾(1C2a) 11秒99
⇒蜂谷慧登(1C2a) 11秒75
⇒田中祐希(2C1a) 11秒66
⇒松崎善輝(2C1a) 11秒37
⇒川本敬祐(2C1a) 12秒07(自己新記録)

◎200m
⇒御法川裕一郎(1C2a) 25秒20
⇒蜂谷慧登 (1C2a) 23秒80
⇒中村彰吾(1C2a) 24秒16
⇒黒木玲央 (1C2a) 24秒04

◎400m
⇒齊藤誠人(1C2a) 54秒33
⇒川本敬祐(2C1a) 52秒15(自己新記録)

◎走幅跳
⇒田中祐希(2C1a) 6m75(自己新記録)
⇒中村拓海(2C1a) 6m24(自己新記録)
⇒村上颯己(1C2a) 5m85
⇒川合唯翔(2C1a) 5m56
⇒三井 颯(1C2a) 5m54

◎三段跳
⇒中村拓海(2C1a) 13m13
⇒川合唯翔(2C1a) 12m30

TOP
category-info2